2009年08月27日

旅をするための自転車

ランドナーと言えば旅行用自転車的な位置付けがありますが、さて、ランドナーじゃなければ旅行は出来ないなかと言えばまったくそんな事はないはずです。

ネットで、ここ数年自転車旅行してる人の情報を調べると、ランドナーで旅してる人は少ない気がします。

例えば、「日本1周 自転車」などで、検索をすると検索されるサイトに共通する事は、自転車には概ね拘ってないという感じです。

旅行好きな人が旅行をしようとした時に手段として自転車を選んだという感じを受けます。

たまたまそれ用に自転車を買った人の中には、ランドナーを買った人もいるようですが、フラットバーでもママチャリでも「旅行しよう!自転車で!」という気持ちのある人は成し遂げちゃうんですね。
素晴らしいと思うと同時に、自分の自転車との付き合い方がちょっと恥ずかしくも感じます。

私などは「自転車が好きで、ランドナーがあるなら旅行もしたい」という気持ちなので、なかなかランドナーで旅行に行けないのかもしれません。
もちろん旅行も好きな方ですが、旅行に行くだけならクルマでも他の手段でもいいと考えてしまったり。。。



逆に考えて、
ランドナーは旅をするだけの自転車かと言えば必ずしもそうでないはずです。
もしくは日帰りで数時間しか自転車で移動しなくても旅じゃないとは言えないという事です。
これはやはり気持ちの問題という事になるワケですね。

前のエントリーでも「ユーラシアを持てあまし気味」などと発言しておりますが、このあたりの心の余裕が私にはないようです。。。


カタチから入る性分なのは充分自覚していますし、自転車も大好きなので、どうしても自転車の事ばかりに興味が向いてしまうのですが、自転車の改造ばかりでなく、ツーリング車にあった自己改造が一番必要なのかもしれません。




posted by 赤いワニガメ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ランドナー・スポルティーフあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。