2009年08月31日

高級車はダメなんです

私のランドナーはサイクルスポットトライアングルさんのAZUというシリーズのランドナーです。

そしてユーラシアは30年も前のブリヂストンの量産型大衆車です。

ユーラシアはいい出物が見つかったのと旧き思い入れがあったのですが、新車で購入したランドナーはなぜこの自転車を選んだかというと

まず、私は基本的に高級な道具はダメなんです(笑)

もちろん高級なモノへの憧れもあるし欲しい気もちもあるのですが、あまりに大切にしようとする気持ちが強すぎて、思い切り使えないのです。

生来の貧乏症のようでして、これまでにも

せっかく買うなら・・・

という事でいいものを買った事は少なくはないのですが、どうも思い切り使い倒せず、結局それまでに使ってた、普及品の方ばかり使ってたりします。

まさにロードバイクについては思い入れで入手した自転車が2台ありまして、これがまたなかなか登場しません(汗)
正直この2台については最初からそれを覚悟の上で購入した事もあり、たまに乗る楽しみを味わえればいいのですがw、ランドナーは道具としてあまり気にしないで使いたいという思いがあります。


大切にしようと思いますが、少なくても出かけた時は思い切り使ってあげたいという気もちでえらんだ自転車でした。

この自転車を作ってくれたサイクルスポットトライアングルさんが聞いたら気を悪くしちゃいますかね^^;

でも非常に気に入っていますよ。
細かいところ、特に組み込み時点での作業や特に仕様にも乗ってない部分のパーツの使い方なんかもとても決め細やかで、この自転車を選んで良かったと思っています。

エンペラーやDAVOSも候補でしたが、細かい仕様を具現化できた小豆号で「いつかは長期でツーリング」という希望を持ちつつ、当面は細く長く(笑)これからも楽しんで行く予定です。





posted by 赤いワニガメ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ランドナー・スポルティーフあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。