2009年09月11日

現行パーツで

マイランドナーの小豆号ですが、基本的には現行パーツしか使っておりません。

使用しているアクセサリー類なんかもそうです。

正確には、2007年に購入当時の現行パーツで、ディレーラー等はSORAがモデルチェンジしてしまったので、1つ前の型になってしまいました。
現行のSORAも8速に対応してますから、まぁ現行品に近いと言っていいと思っています。

その他の部品も、基本的には普通に購入出来る部品で、もしくはホームセンターで買ったネジ類などで、特にパーツ探しのために自転車屋さん巡りをしたりオークションとニラメッコして旧いパーツを購入したりもしていません。

このブログ的にはこれは結構重要なことでして(笑)、マニアックな方向ではなく実用的にランドナーが普及してくれるためには「現行部品」であった方がいいのですw

と言っても、この類の製品の流通状態はあまりよろしく無いようで、フロントバッグやらサイドバッグやらキャリアやら、品切れの時も多く、思った製品がすぐに手に入らなかったりもしました。

どっかにはあるんでしょうけどね。。。




これまでにも、魅力的な旧パーツの導入に心動かされる事も多かったのですがw、小豆号が現行部品のランドナーである事で「ランドナーは絶滅してないですよ〜」と伝えていかなければなりません。(誰にwww)

なので、タンケンライトやアルミボトルと言ったランドナーっぽい小道具も採用していません。
キャンプの時はペットボトルにLEDライトです^^;


というのはタテマエでしてw、この姿勢がいつまで続けられるかは判りませんが、道具の進歩と自転車業界の流れは組み入れつつもランドナーっぽい雰囲気を保ちながら、実用的な旅自転車でいたいとは思っております。

同時に、DIYレベルで工夫して改造するのはどんどんやりたいと思いつつ、なかなか実現出来ておりません^^;


ワシラシア号も、「消耗品や故障パーツは交換して乗り続ている(中古入手ですからワタシ自身は乗りつづけてはないんですけど^^;)」という感じで、どんどん現行パーツを取り入れてみたいと思ってます。


ツーリング車はまだまだ現役・・・というより新たなランドナー/スポルティーフがどんどん産まれてきて欲しいと思っております。

出来れば、現代の技術でそれらしいパーツもどんどん出てきてくれると嬉しいんですけどw


posted by 赤いワニガメ at 12:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ランドナー・スポルティーフあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『実用的にランドナーが普及してくれるためには「現行部品」であった方がいいのですw』
同感です。
私は予算の関係で古い自転車に手を出していますが、ツーリング先で故障が発生し、近くの自転車屋やホームセンターで気軽に直せる、安全に走れる方が良いと思ってます。
勿論、モノを大切に、使えるものは使う姿勢は必要ですが、自転車の世界の裾野の隅っこに居る私は裾野がもっと広がるためには『出来れば、現代の技術でそれらしいパーツもどんどん出てきてくれると嬉しいんですけどw』は重要な事です。
(高尚な世界になると・・・個人的には魅力を感じません。)
でも、古い自転車の形ってカッコイイ!・・・悩みどころですね。
車やバイクはレトロな形の新車があるんですから、裾野が広がれば自転車だって・・・と思ってます。
Posted by jam at 2009年09月13日 11:13
>>jamさん
旧い自転車でも大切に乗る事はやはりいい事だと思います。
いたずらに新しいパーツをどんどん使う事はないと思うのですがw、ランドナーの復権を願う私としては、マスプロメーカーさんが、もし、万が一またランドナーをラインナップに加えてくれるとしたり、フレームだけはオーダーで作ったとしても、現行パーツでもそれなりの雰囲気に仕上がるといいなぁと思っています。
Posted by ワニガメ at 2009年09月14日 09:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。