2009年09月21日

会津田島-檜枝岐-中禅寺湖-沼田 ツーリング

IMGP0086.jpg


19日-21日の2泊3日、あかさん、510さんの3人でランドナーキャンプツーリングに行ってきました。

5連休という事で、はじめて2泊3日でのキャンプツーリングです。

あかさん、510はそれぞれ北海道を2週間ほどツーリングしてきているので、頼もしい同行者です。

晴天にも恵まれ、とても楽しいツーリングが出来ました。

■前日

気温がそれなりに低い事が想定できるので、いつもより重装備になります。
また、輪行という事で輪行袋も持ち運ばなければなりません。

荷物を積載しはじめるものの、フロントバッグ、サイドバッグx2、サドルバッグサポータといういつもの装備ではかなり厳しい状態であるもの、リヤキャリアは付けずに行きたかったので、予定していた荷物を多少減らして積載。

今回はフォーク抜きの輪行の予定なので、バラす部分については固着で現場で戸惑わないように、一度緩めて閉めなおしておきました。

その他、自転車のチェックをして準備完了。

■1日目

大宮駅まで自走。
フォーク抜きの輪行ははじめてなので、早めに到着。
「なんとなるだろう」という気持ちで、事前練習もしておりません。

輪行に必要なバラしは簡単なもんです。
しかし、袋詰めはそれなりに難しいです。
キャンピーのサイド枠を外さないと入らないかな?とも思いましたが、そのままなんとか収納完了。

IMGP0001.jpg


あかさん、510さんと合流し会津田島で向かいます。

IMGP0004.jpg


連休にも関わらず、それほどの混雑もなくよかったです。

IMGP0008.jpg


精算切符?もなかなか懐かしい味わいです。

IMGP0011.jpg


到着です。

IMGP0012.jpg


組立て開始です。特に戸惑うようなところもありません。

IMGP0013.jpg


会津田島駅を後にしますが・・・・

IMGP0014.jpg


早くから開いてるお店で

IMGP0016.jpg


腹ごしらえw

買出しもして、今度こそ出発!

R289で西へ

IMGP0019.jpg


国道でも南会津路はなかなかの雰囲気。

IMGP0021.jpg


ここからの先のトンネルは避けて、駒止峠に向かいます。
そんなにキツい峠ではありません。

IMGP0022.jpg


小さな沢沿いを進むと

IMGP0026.jpg


駒止湿原です。

DSCN9954.jpg


湿原らしく木道を行くと

DSCN9956.jpg


開けたところがりますが、まだ手前。

結構広そうなので、引き返しましたw

IMGP0035.jpg


この辺りでは普通なのかもしれませんが、景色のいいところを抜けて

IMGP0037.jpg


国道へ復帰。
ちょうどこの写真に見える道の奥の方に子熊が居たそうで、あかさんと510さんが見物してましたが、私は見る事が出来ず残念。。。

南郷、伊南を通り、本日のキャンプ地の檜枝岐を目指します。

稲村あたりから軽く登りが続きますが、そんなにキツく感じるところではなく、翌朝下って行く時に「そこそこ登ってたんだなぁ。。。」という感じです。
ただし、途中あった長めのスノーシェッドは頑張って登りましたw

IMGP0040.jpg


途中の小豆温泉の前で小豆号の記念撮影。。。

IMGP0041.jpg


檜枝岐川沿いの屏風岩

IMGP0042.jpg


キャンプ場到着、設営後に

IMGP0046.jpg


温泉です。

その後食事をして、心地よい疲れとともに8時には就寝zzz

キャンプ場はキリンテの「からまつ」さん。

キャンプ場に関しては、シンプルであればあるほど好感を持つ方なのですが、こちらのフリーサイトは私の希望に近いキャンプ場でした。
トイレもとてもキレイにされていたのが嬉しかったです。
トイレは使う側のマナーによる部分も大きいと思いますが、やはりキレイに管理するのは大変だと思います。

檜枝岐・舘岩エリアは大好きな場所ですので、次の再訪が楽しみです。


■2日目

1泊2日のツーリングももちろん楽しいのですが、2泊すると2日目が丸1日あるというのが大きく違います。

しかし、そうそう2泊で外出出来るチャンスもありません。
私的には今回はスペシャルツーリングなのです。

IMGP0050.jpg


早朝に起きて朝食。

ちなみに前夜の夕食もそうですが、キャンプツーリングの時は食事は1人1人勝手に作って勝手に食います。

自分のテントの前で炊事もしてるので、人が食べているものも一切見ませんでした。

もちろん、時としてシェアしたり不足を補い合ったりする事もあるのですが、基本はそんな感じです。

IMGP0052.jpg


出発です。

IMGP0069.jpg


朝は気持ちいいです

IMGP0058.jpg


多少寒さはありますが、舘岩まではほぼ下り。

IMGP0064.jpg


まだまだ元気です。私も含めてw

今回のツアーで私が最も楽しみにしえいたのが「安ケ森林道」というところです。

その前に舘岩をゆっくりと眺めます。

IMGP0074.jpg


IMGP0071.jpg


IMGP0066.jpg


田んぼは、田植え前から刈り入れ後までホントに季節を感じる事ができます。
まだ、完全に黄金色とは言えないのかもしれませんが、光の加減により見る角度でまったく違う色に見えました。
これは朝の写真ですが、昨日の夕方などは斜陽越しにみる稲穂はとても美しかったです。

写真には、音と匂いが残せないのが残念ですが、初秋らしい虫の鳴声と豊穣を感じる匂いととてもいい気分でした。

IMGP0068.jpg


この辺りはそばも有名です。
今回は食べられませんでしたが、新そばも美味しいだろうなぁと想像だけw

IMGP0075.jpg


ここを右折して安ケ森林道で、すぐに未舗装路になります。

15Kmほどの林道です。

IMGP0079.jpg



入り口から数Kmは大した登りではなく、しかも締まった地道なのでとても走りやすいです。
しかしロードで走れるような道でもなく、まさにランドナーのための道でしたw

IMGP0084.jpg


後半まで川沿いなのですが、やはり川との落差は序々に出てきます。

中盤からは多少砂利っぽさとところどころに砂もあり、瞬間的に勾配のキツい部分はあるものの、全線を通じてランドナーで充分走り切れる地道です。

IMGP0083.jpg


こういった地道が多かった頃を思うと、ランドナーが活躍していた理由もよく判ります。

自転車乗りにとっての地道は、当時は移動のために通らなければならない道だったと思いますが、今は好き好んで行くところというのが大きな差かもしれません。

IMGP0090.jpg


何か食べたいと思いw、ここで止まってパンにカジりついてると、前から見慣れたクルマが・・・・

Nori8さん、ゆうこさん、カズくんでした。

最近は、トレッキングやMTBとご一緒する事も多い自転車のお仲間ですが、ちょうどこの連休で福島・新潟あたりを走る予定らしく、南郷村に行く途中で安ケ森林道を通ってきてくれました。

差し入れまで頂きまして、しばし談笑してからお別れ。

きっといい連休を過ごされたと思います。

ここからは峠まで2Km位でした。

多少、路面は荒れ気味と言えなくもないですが、ダート走行としてはかなり条件のいい方でした。

IMGP0092.jpg


無事走破です。

正直、もう少し梃子摺ると思っていたのですが、割とあっけなくw
もちろん、相当気構えしていた比較論です。

それにしても素敵な林道でした。
紅葉の時期なんかホントに最高かもしれません。
自動車なら他に幾らでも素敵な場所はあると思いますが、ランドナーで行く林道としてはかなりいいところです。

ここもぜひ再訪したいですね。

IMGP0096.jpg


栃木県側は舗装路です。

IMGP0100.jpg


湯西川を眺めて気持ち良く下りです。

湯西川温泉からは、黒部西川線で川俣温泉川治線で黒部まで進み、西は向かって奥鬼怒林道へ入る予定でした。

ここでちょっと予定外の坂が。。。。

IMGP0102.jpg


気持ちの上で予定した坂はいいのですが、予想していなかった坂は気持ちにも脚に堪えます。

IMGP0104.jpg


黒部方面への分岐の時点で予定より遅い時間。

ここから走る予定の道は舗装路でしたが、ここで距離的には半分程度と思われる馬坂林道を進む事にしました。

IMGP0105.jpg


左の舗装路を少し降りると馬坂林道へ

IMGP0110.jpg


ここも気持ちのいい地道ですが、残念ながらあまり味わっている余裕はありません(笑)

下り基調ではあるのもの、アップダウンを繰り返し下っていく感じで、通過のために選んだ道としてはなかなかキビシいw

しかも、後ろにくくりつけた荷物が途中で何度も落ちて、不必要な時間までかかってしまいました。
積載には一考が必要です。

IMGP0112.jpg


という事で、残念ながらあまり雰囲気を味わえなかった走行になってしまい、ここはいずれゆっくりと走りにきたい道ですね。

IMGP0116.jpg


川俣湖沿いに進んでいく林道でした。

時間的にも斜陽になってきたので、この先に行くかを検討します。
川俣には10年ほど前に利用した事のあるキャンプ場はあるのですが、そこは今は閉鎖されています。
奥鬼怒温泉郷には素敵なお宿もありますが高くてムリ。。。。

IMGP0118.jpg


という事で予定通り奥鬼怒林道に入ります。

ここは以前ロードで走った事がありますが、記憶では、急勾配はないものの、長くて思わせぶりな坂というイメージが残ってます。
それでも気分は良かった印象のいい峠道でした。

IMGP0123.jpg


入り口に「戦場ケ原まで21.0Km」の表示。

登り下り半分半分よりは登りが多いとみて12.0Kmくらいかなという思いで登りはじめます。

途中アップダウンはあるものの、やはり長い。。。

10.0Km越えた時点の景色を見てもまだ山を越える感じではありません。
トンネルがなかった記憶は間違いないはず。。。

やはり12.0Kmじゃ終わりませんでしたw
気持ちの上で予定より長いとやはり堪えます。

夕方と言っていい雰囲気になってきて、寒さも増してきました。

途中、お腹が鳴り出してハンガーノック気味。。。
降りて羊羹など食べるものの、止まったらもっと脚に来ました。

IMGP0124.jpg


なんとか山王峠に到着。

ここから戦場ケ原までは下りです。
寒いので着込んで下りへ。

光徳を抜ける道はキレいなのですが、何故かいつもここで写真を撮る余裕はありませんw

IMGP0129.jpg


やっと戦場ケ原に到着。

クルマによっては既に前照灯を点けている時間で、ここから暗くなるまでが早かったです。
「秋の釣る瓶落し」というやつですね。

指切りグローブしか持ってなくて寒さで指が固まっていたため、指付きグローブだった510さんにお湯を沸かしてもらってティータイム。
これだけでかなり温まれました。

中禅寺湖まで進み、菖蒲ケ浜キャンプ場へ。

GWより人がいるという事でホントに混んでいましたがソロテント3つを張るところに困るというほどでもありません。また、運よく風呂は小さかった割に空いており、しっかり温まる事ができました。

各自食事をしてそのまま睡眠zzz

結果的には、なかなかハードな1日でした。

■3日目

あっという間に最終日です。
昨晩キャンプ場についた時は、人も多く回りでも火を使っていた時間でもあり、寒さを感じませんでしたが、朝は寒いです。

今回は寝具については寒さを考慮してきたので睡眠中に寒さは感じませんでしたが、朝食を作ろうと寝袋から半身を出すと・・・寒いですw

朝食を作っているとあかさんが会話をする声が聞こえますが、510さんではありません。

あかさんと一緒に走ってると、よくブログの読者(?)に声をかけられる事もあたり、デリカ関係のお知り愛などは行動範囲も広いので、その手の方かと思ったら・・・

なんと、翌週末に計画してるキャンプに合流のお話のあったたぐーさんでした!
今回が初対面だしもちろんお互い中禅寺湖に来る事もこのキャンプ場にいる事も知りませんw
まして、キャンプ場もGWも混んでいるという状態です。聞くとテントサイトも20m程度しか離れていない場所です。

こういう事って・・・あるんですよねwww
驚きますが、何故かこういう事はあるんです。

さて、菖蒲ケ浜キャンプ場ですが、昨日はよくわかりませんでしたが、ロケーションが素晴らしいです。

DSCN9960.jpg


人気のあるキャンプ場だという話をかなり昔聞いておりましたが

DSCN9957.jpg


なるほどですね。

混んでるのは自分が来ているからであって残念に感じるのは筋違いですがw、確かに閑散気でもあるのなら気持ちのいいキャンプが出来る事でしょう。

IMGP0130.jpg


今日は時間的にも余裕があるので、ゆっくり出発です。

戦場ケ原に向かいます。

DSCN9963.jpg


DSCN9964.jpg


DSCN9965.jpg


天気も良くて最高の眺めです。

DSCN9966.jpg


DSCN9967.jpg


ここの散策路を散歩するのも気持ちがいいんだよなぁ。。。


DSCN9970.jpg


湯の湖ではFFマンが立ちこんでラインを投げてました。
この分野も好きなのですが、ここ数年は自転車ばかりで釣りはしておりません。

ここで、千葉から自走で来た高校生サイクリストと会話をしました。

正直、そんなにいい自転車ではありません。
彼も「大学生になったらクロスバイクとか買いたいです」と言っていました。
このブログ的にはw、ぜひランドナーに乗ってもらいたいですがw、でもホントは自転車なんか関係ないんだと思います。
この若者は自転車がどうのこうのではなく気持ちでここまで旅して来たんだと思うし、もし自転車がなくても何らかの旅をしたんだと思います。

とにかく今後もぜひ頑張って欲しいです。
何をしようとしているかは判りませんが、自転車で旅する人は無条件に応援したいと思いますwww

私も気持ちだけは若者気分でw、ちょこちょこでも旅っぽい事をまだまだしたいです。

さて、本日の走行の頑張りどころは金精峠です。

IMGP0134.jpg


そんなにキツい峠ではないので、天気もいいし、クルマに気をつければ気持ちいい登坂が出来るはずです。

IMGP0139.jpg


湯の湖を見下ろせます。

湯の湖までは多かったクルマもそれほど多くはありません。
途中、工事で片側通行になっていた所でクルマが並んでいた程度でしょうか。

IMGP0142.jpg


IMGP0144.jpg


無事、金精峠を抜けて、ここから片品まではドカーンと下りになります。

それにしても、この3日間は天気が良いいのです。

IMGP0147.jpg


菅沼横の売店で早速休憩

IMGP0146.jpg


あかさんの食べていたすいとんが美味そうでしたが、ここはガマン。。。

戦場ケ原で見かけたロードでツーリングしてる青年と会話。

リュック1つ背負って大阪から野宿したり友人宅に泊まったりで一応日光が目的地だったとの事。
大阪ではママチャリでも旅をしているらしい。

やっぱり旅は気持ちなんあよなぁと思いつつ、自転車好きの私としては自転車あってのツーリングである事を否定できないが、都合良く、自転車がなかったら出来ない経験をしていると解釈する事にしようw

大阪までまた帰るらしいですが、気を付けて今後もいい旅をしてください。

IMGP0152.jpg


片品までは豪快な下りが続きます。

IMGP0153.jpg


すいとんを我慢したのは、とうもろこしを食べたかったのでw

そのまま国道R120で沼田に向かいますが、沼田に入る前には、ちょっとしたアップダウンとちょっとした椎坂峠があります。

実はこれが結構面倒ですw

下ってきて、ゴールも間近で楽チン気分のところにやってくる坂です。。。

IMGP0158.jpg


頑張りポイントのご褒美はソフトクリームでした。


あとはもう終演モード。。。

白沢で温泉により沼田で焼肉レストランによって沼田駅へ。

ここで輪行袋と格闘。。。。
#これはいずれ別記する予定です。

IMGP0159.jpg


沼田駅から高崎経由、2時間ちょっとで大宮に帰着。



天気にも恵まれとても楽しいツーリングが出来ました。
私にも当面、最高でも2泊・・・いや2泊でもそうそう出来ませんが、今回は念願の2泊ツーリングでした。

今後もこんな機会はそうそうないと思います。
しかし、ちょっと違う視点のツーリングもしてみたいという気持ちもあります。

あかさんや510の話を聞いているとソロでのツーリングもいいなぁと。

私は自転車は基本的にはソロで楽しむものだと思っていました。
最近は幸い周囲に同好で気のいい仲間が出来た事もあり一緒に楽しむ事も知りました。

時間的な制約はなかなか解除出来ませんが、ソロで行くのはあくまで気持ちの問題次第です。

何はともあれ、やはり自転車でのツーリングは楽しいものです。
どんなカタチであれ、今後もイロイロを上手くやりくりして出かけていきたいと思います。






posted by 赤いワニガメ at 23:56| Comment(15) | TrackBack(0) | 走りました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乙でした!
楽しいコースをありがとうございました。
辛かったけど辛いだけ思い出には残るもので今回のツーリングも忘れられない物になると思います。
また、行きましょう!
Posted by あか at 2009年09月22日 18:31
お疲れ様でした!

天気も良くてサイコーでしたね。予想外もなかなか楽しめましたしww
是非是非ソロでも逝っちゃってください。
Posted by 510 at 2009年09月22日 19:17
>>あかさん
お疲れさまでした。
2日目の計画がちょっと甘くて疲れましたね。
また次を検討しましょう。

>>510さん
お疲れさまでした。
日焼けで顔がヒリヒリです。
旅は予定外の事をするのも楽しいのですが、今回はなかなかその辺りが難しかったですねw

Posted by ワニガメ at 2009年09月22日 21:58
2泊3日お疲れ様でした。

2日目の林道良い雰囲気ですね。
確かに僕も昔はこんな道が多かったからランドナーが活躍していたのかと思います。

正直ロードに乗ってみたい気持ちもある(何せ今年のGIANTの20万クラスのロードがかっこいいもので・・・)のですが、まだランドナーに乗って長期ツーリングをしたい気持ちのほうが勝っています。
Posted by Indigo at 2009年09月22日 22:21
TOP画の林道が宜しいなぁ〜。
次はソロツーリングですね。
ソロだと人が話しかけて来たりして、
別の楽しさがあると思うよ。
Posted by BENNY at 2009年09月22日 22:41
う〜ん、やっぱりキャンプツーリングはいいですね〜
安が森林道は結構あっけないですよね。去年上ったときに僕も思ったより楽でホッとした記憶があります。
それから菖蒲ケ浜キャンプ場は本当に素晴らしいロケーションですね。羨ましいです。
今週末いろいろお話聞けるのを楽しみにしてます!
Posted by yuzito at 2009年09月23日 12:25
朝早くから驚かせてしまいました。(笑

前日の林道、気持ち良さそうですね。
お別れした後の沼田までの道中も、大変そうです。

スケールの大きなツーリングだったようで、
羨ましい限りです。
Posted by たぐー at 2009年09月23日 14:56
>>Indigoさん
この林道はもちろん素晴らしかったのですが、今回は行程全ての気持ちがよいところでした。
ロードにしろランドナーにしろ早く自転車を満喫できるといいですね!
ちなみにMTBも面白いですよ^^;

>>BENNYさん
ソロはそのうち行くとして、またみんなで行く機会もあると思うので、その時はぜひw

>>yuzitoさん
キャンプツーリングは気ままな楽しみとランニングコストが安くていいですwww
風情とふれあいのありそうな宿の旅もしてみたいです!
安ケ森林道はランドナーで無理なく走れる数少ない林道かもしれませんね。また走りたいです。

>>たぐーさん
いやぁ、ホントに笑っちゃいました^^;
気付かなくても全然おかしくないのに、よく見つけてくれましたw
再会?が楽しみです!
Posted by ワニガメ at 2009年09月23日 16:38
行きて〜

まぁ、あとは自分次第だな。
Posted by らんた at 2009年09月23日 23:25
3日間満喫のツーリング、そして読み応えのあるレポート
お疲れ様でした!
2日目の辛い部分も無事に帰って、後から思うと「楽しい」
の部分になるんでしょうね〜(^^)

ここまでのツーリングは難しいとしても(脚力的に)、この半分ぐらい楽しめるランドナーキャンプがそのうち出来ればいいなと思ってます〜

週末にお会いした際には今回の旅の話をさらに詳しく
聞かせてくださいね〜(^^)
Posted by く〜ま〜 at 2009年09月24日 00:47
>>らんたさん
私もまた行きたいですwww

>>く〜ま〜さん
2日目は終盤ハードではありましたが、その時点でも「楽しい」でしたw
脚力的には充分行けるんじゃないかと思いますよ〜。
Posted by ワニガメ at 2009年09月24日 05:58
長旅お疲れさまでした。

全行程からすると安ヶ森はまだまだ序章でしたね。
我々は車でサーッと通過しただけですが、ランドナーなら鳥のさえずり、風の音、森の匂いなどもっと感じることができるんですよね〜
ちょっと羨ましかったです。重たそうでしたが・・・(笑)

いつの日かランドナーでワタシも走ってみたいです。

Posted by Nori8 at 2009年09月24日 09:33
>>Nori8さん
当日はどうもでした!
確かに安ケ森は序章でしたwww
でもあの林道をランドナーで走行できたのはホントに素敵でした。
確かに自転車は音や匂いも感じられて移動距離も歩くより稼げますから旅にはもってこいです。

「いつの日か」と言わずにぜひ早めに^^;
Posted by ワニガメ at 2009年09月24日 09:58
ワニガメさん、こんにちは〜♪
ブログ楽しませていただきましたよ。
からまつのトイレについて触れていただいて、本当に嬉しかったです。
トイレは清潔第一!一番気を使ってお掃除しています。
また檜枝岐方面へお越しの際は、ぜひご利用下さいね。
ありがとうございました。(*^-^*)
Posted by からまつ at 2009年10月04日 17:35
>>からまつさん
お世話になりました!
トイレはホントにキレイでした。
こう書くのもなんですが、キレイな上に「無臭」でした!
キャンプ場のトイレは自分で使う分にはいいとしても他の人に「あのキャンプ場は良かったですよ」と言う時に特に重要なんですwww
お気遣いが良く判りました。
もちろんトイレ以外も気に入っておりますので、再訪の際んはよろしくお願いいたします!
Posted by ワニガメ at 2009年10月05日 15:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。