2010年02月17日

もう1つのツーリング車

このブログでは、主にランドナーとスポルティーフのネタでやっておりますが、他にもう1台、私としてはこちらのブログ気分で乗ってる自転車があります。

triple.jpg


昨年の春に思いついて、秋に具現化させた自転車です。

なんの事はない、古いスチールフレームのロードにトリプルのクランクとランドナーバー、そしてサドルバッグを付けた自転車です。

カテゴリーとか呼称はどうでもいいのですが、便宜上“ロードバイク”というのは私の中ではロードレーサー、すなわち競技が背景になってるか、少なくともアスリートとして乗る自転車というような気がしております。

私の生活圏内の環境、ロードバイクの快適性、荷物の携帯、、、などなど考えまして、「お気楽ロードバイク」、もしくは「軽快サイクリング車」としての落しどころはこんな感じかなぁ・・・という思いで組んでみました。
タイトルは「ツーリング車」なんて書いてますが、まぁサイクリング用ですね。
#もっとも、この自転車を組んでから大型のサイクリングは一度しか行っておらず、近場のポタリングや用足しの足になってるのが実情なのですが(汗)・・・裏を返せば“それくらい便利な自転車”でもあるワケですがw

昨今は最新のカーボンフレームでノンビリサイクリングを楽しむ方も多いように感じますが、私としては「安くて丈夫」なサイクリング車で充分なワケでして、ランドナーバーやらサドルバッグの事を考えてもこんな感じがまとまりがいいかなと思っておりなかなか気に入っております。


最初に組んだ時は、走行感の好みでカーボンフォークを取り付けていましたが、思うところありまして今はスチールのフォークに戻しました。
しかし、また別のカーボンフォークも試してみたいとも思っております。
タイヤは23Cを使ってますが、もう少しエアボリュームのある太めのタイヤも試してみたいと思います。


こんな感じで、まだまだいろいろと試してみたいし、私にとっては実験号でもあるのですが、サイクリング用という意味ではこういう自転車もアリかなぁというところです。

1つ残念なのは、センタースタンドの取り付けを諦めた事です。
この自転車はリヤ-センターが長いので、センタースタンドを取り付ける事は出来るのですが、ロードエンドなので、リヤのホイールを外せなくなっちゃいまして取り付けを断念しましたw
スタンド、何気に便利ですからね(笑)
posted by 赤いワニガメ at 16:13| Comment(8) | TrackBack(0) | お気楽ロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これはクラブモデルという車種に近いですね。サドルバッグの取付金具に興味があります。
Posted by タケちゃん at 2010年02月19日 22:51
>>タケちゃんさん

そうですね、クラブモデル的な外観になってるかもしれませんが、もう少し楽チンに、フロントトリプル、ランドナバー(私は好きなので^^;)という組み合わせをしています。

サドルバッグサポーターはVivaの現行品です。
これは旧タイプの同社商品と違ってサポーター付け根部分が1本で補強が無いため、あまり重たいものを入れて支えるのは厳しいと思います。
サドルバッグサポーターについては、ベストなモノがなかなか見つかりません。
強度という意味ではランドナーでキャンプに行く際に使っているキャラダイスのモノの方がしっかりしています。
ただし、サドルバッグ自体がサドルの下にもぐりこまず完全にサドルより後ろに位置するタイプなので、同社のバッグにはいいのですが、このバッグにはあまりフィットしません。
Posted by ワニガメ at 2010年02月21日 00:13
フレームのサイズはいくらですか?
自分の520サイズのランドナーには、キャラダイスのバッグはサドルロールしか余裕をもってつきませんでした。タイヤは650Aなのに。やっぱりVIVAの金具を使っています。
Posted by 前カゴランドナー at 2010年02月22日 11:42
>>前カゴランドナー様

この自転車のフレームサイズは530(C-T)です。
キャラダイスのサポーター(スポーツの方)を付けているランドナーの小豆号は540(C-T)です。

キャラダイスのサポータはサドルレール取り付けなのでフレームサイズというよりはサドルレールの高さと角度に起因して入ると思われます。

この写真の自転車では無いのですが、ほぼ同じスケルトンのフレームに同じ位のサドル高の700Cx23cタイヤのロードにキャラダイスのサポータを付けた時はけっこうギリギリでこれよりサドルを下げるバッグとタイヤが擦れそうでした。サドルはその時はロールスでした。
650Aランドナーの場合はまだ余裕があります。リーガルの場合もブルックスチームプロの場合でも余裕ありでした。

700x23Cのタイヤ外径と650Aにドロヨケを付けた状態だと650Aの方が最上部は高いような気もするのですが、サドルレールの角度の問題でクリアランズが多く取れるんではないかと思っています。

サドルバッグサポーターはベストなモノが見つかりません。
こういうのが欲しいという構想はあるのですが。
Posted by ワニガメ at 2010年02月22日 13:56
ああそうでしたか。ちゃんと読まないとダメですね。失礼しました。
Posted by 前カゴランドナー at 2010年02月22日 23:09
>>前カゴランドナー様

いえいえとんでもありません、逆にクドい説明で申し訳ありません

仲間うちでも、サドルバッグサポーターの件は話題になった事があるので、自分なりの今の解釈をまとめておこうかなと思った次第です。
Posted by ワニガメ at 2010年02月22日 23:14
初コメさせて頂きます。
「お気楽ロード」 すごく共感しました。
変かなと思っていましたが、自分もランドナーバーに
する勇気が持てました。
こういう自由な発想で造れるのがチャリのイイところですね。
今後も拝読させて頂きます。
Posted by 齋藤電鉄ryu at 2010年11月06日 18:50
>>齋藤電鉄ryu様

こんにちは!

共感ありがとうございます^^;
「変かな」と思うのは、本人より周りの人が思うんでしょうねwwww

私は自転車は自分がよければ他の人が何と言おうと気にしません^^;
このランドナーバーロードもすごく使いやすくて気にってます!

今後ともよろしくお願いいたします!
Posted by ワニガメ at 2010年11月10日 10:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。