2010年03月09日

ボスフリーのフリー改善目処!?

青ランドナーはボスフリーですが久々の実用です。

ボスフリーについては、正直今さら感があって実用を避けていました。

ワシラシア号も入手時はボスフリーでしたが、フレームリヤエンドを130mmに変更して早々にシマノのカセットスプロケに変更してしまいました。

昔乗ってたランドナーはボスフリーでしたが、メンテナンスの知識もあまりなく「メンテナンス=掃除と注油」 くらいにし考えていなかったのでw、かなり適当にやっていた記憶があり、ボスフリーについては苦手意識もありますw



青ランドナーはあくまでオマケ入手なので、あまりお金を掛けて改造をしたくもありません。
変更するにしても、なるべく現状パーツと手持ちパーツ、そもそも高くないパーツなどで済まそうという魂胆ですので、今回はボスフリーをそのまま使用します。

100309_1205~0001.jpg


ところが、どうもこのボスフリー、イマイチ納得がいきませんw

・空転時のウネウネ
・フリーが渋い

空転時のウネウネについては、小豆号のSORAフリーハブでも発生していたので、どうも気になり他のフリーハブもチェックしましたが、私の持っているホイールでは、ランドナーの2台だけでしたw

いろいろと人に聞いたり、調べたりすると、ボスフリーは多少なりともウネウネする事象が少なくないようです。

トラクションのかかる状態でガタがあるというワケではないので、こういうものだと思えばいいのかもしれません。

また時間のある時に他のボスフリーと交換して、ウネウネの個体差をチェックしてみる予定。

フリーハブの方は、どうやらグレードの高くない(=精度低い?)フリーハブだと発生する場合もあるらしく、こちらは交換してしまったのでOKという事にします。



さて、フリーが渋い件です。

アウターxトップあたりで空転させるとクランクが回りだすくらいの渋さでしたw
もうすこし軽いギヤ(リヤタイヤ空転でクランクを回すとすると重たいギヤ)にすると止まります。

ボスフリーの分解メンテはやった事ないし、私の手におえる作業とも思えません。
今回は試しにボスフリーの隙間からマイクロロンのスプレーを無理矢理噴入。

と同時にだいぶ汚れた液体に代わりボトボト落ちてきました(笑)
内部がだいぶ汚れてそうです。。。

一応、それなりに軽くなって、クランクが回りだす事は無くなりましたが、分解はムリとしてももう少しメンテしてあげたい気もします。


分解せずに、灯油とかにボスフリーごと放り込んですすぎ、フリー内部を多少洗浄してから、隙間から粘度の低いグリース等をむりやり挿入していく方法があるという事ですが、これでいいのかちょっと心配w
でもこんな程度しか出来そうにありません^^;
内部のシーリングとか・・・無いと思いましょうw

まぁ、現状放置よりはマシかもしれないのでやってみましょう。
それであまり調子良くない場合は、手持ちの7速ボスフリーを使う方法を実行すればいいかなというところです。


posted by 赤いワニガメ at 12:52| Comment(2) | TrackBack(0) | パーツ/アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はフリー内の洗浄に車のエンジンオイルを使っています。
場所柄あまり低粘度の油だと心配なんで、洗浄と注油を
兼ねて、蓋の隙間から流し込んでクリクリ回して、
裏から汚れたオイルが出てこなくなったら終了してます。
Posted by BENNY at 2010年03月11日 23:07
>>BENNYさん

エンジンオイルで洗浄ですか。
分解面倒なのが前提なのでw、そういった洗浄とマメな注油をしてけばいいですかねw

まぁそんなにたくさん乗らないと思うで、充分でしょう^^;
いまのところ、注油したらその後も快調です!
Posted by ワニガメ at 2010年03月12日 10:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。