2010年03月17日

リヤカンチブレーキの位置

最近の疑問

何故、リヤカンチブレーキはシートステーの後ろ側にあるんでしょうか?

IMGP0031.jpg


こんな感じでシートステー後ろ側です。

カンチブレーキに限らず、ディスクブレーキとかコースターブレーキを除けば、概ねここにあります。

おふらんす車で、シートステー内側のも見た記憶があります。
ARAYAのMTBなんかは、チェーンステー下側に付いてた事もありました。

しかし、今は概ねここが定位置


カンチブレーキの場合、ここはインナーを引っ張ってますから、外から圧力かかるとマズいわけで、ゆえに、サドルバッグを付ける時なんかは、ここにガードだのサポーターだので接触を防いだりするのでしょうけど、リヤへの積載やサドルバッグを付ける可能性が少なくないツーリング車なら、いっその事シートステー内側が主流でもヨカッたんじゃないかと。。。

キャリア関連などは、このカンチ台座を使って取り付ける事はあったとしても、そんな事はダボがあればいい訳で、なんとでもなるだろうし、取り付けステーの長さでもクリア出来る問題。

と考えると、この

シートステー後ろ

という定位置がなんとも不思議でなりません。

ブレーキング時にステーにかかる力の問題とかそういう理由でもるのでしょうか・・・・

メンテナンス性についてはそんなに大差ないような気もします。

あとはペダリング時の足への干渉。これは最近のロープロファイルのカンチブレーキなら大丈夫なような気もします。
カンチブレーキのロープロファイル化以降、この手の自転車は進歩してないって事もあるんでしょうけど。



という事を考えているのは、

最近サドルバッグについていろいろ考えてましてw、私的にはペダリングに干渉しない範囲でなるべくBBに近い位置に設置するのがいいのではないかという案もあり(見た目はまたちょっと違う気もしますが・・・)、

このケーブルワイヤー邪魔だなぁ。。。

と思ったのが発端なのですが、他にも

輪行の時も前にあった方がいいような。

リヤビューにしても、“そこにブレーキがあるのが正しい”という潜入観念を除けば、前にあった方がシンプルでいいような。

ドロヨケのある自転車はいいとしても、ドロヨケを外したパスハンやらシクロクロスなんかは、タイヤのドロ運びを考えても後ろより前の方がメリットが大きいような。


シロウトの私が考えるに、デメリットよりメリットの方がはるかに大きいと考えてしまうのですが、それでも、後ろにある理由ってのがきっとあるんでしょうか・・・あるんでしょうねぇ。。。


posted by 赤いワニガメ at 13:27| Comment(10) | TrackBack(0) | ランドナー・スポルティーフあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カンチの制動力とリアでブレーキングの負荷が小さいことを考えると、
ステーの後ろ側に有るのはワイヤーの取り回しの問題だけではないでしょうか。
あと、ステーの前側に付けるとキャリアのステーがシートステーの外側に
出ちゃいますから、あまり美しくは無いですね。
Posted by BENNY at 2010年03月17日 15:54
リンクありがとうございます。

数々の考察楽しみにしております。
ところでカンチのアーチ角度に、何か最適というようなものはあるんでしょうか?
ちょっとズレた質問でしたらすみません。
Posted by たぐー at 2010年03月17日 16:36
>>BENNYさん

ワイヤーの取り回しもアウターハンガーをどうするかという事で、それほどでも無いような・・・

キャリアはステー止めした時点で美しさは妥協するワケでからw、大差ないような。。。。

>>たぐーさん

リンク、すいません、遅くなりましてというか気の向いた時にまとめてやってるんで(笑)

カンチのアーチ角度はきっといいところがあると思います。
角度だけでなく、リム幅による台座の位置等もきっとあるはずです。
正直私も良く判らないのでいろいろ試す価値はあるかもですね。

今はシューがリムにあたる角度をメインにアーチワイヤーの開きを調整してます。
アーチワイヤーが開いていた方がカンチの動きが大きく好みなので、キャリアやらなんやらで突起になりにくいフロントは開いて調整。
突起になってしまう(今使ってるカンチブレーキは3台ともロープロファイルではないので)リヤはこれより閉じ気味で調整していますが、自己流ですのでアテになりません(笑)

私の場合、自己流が多いのでランドナーの達人の方達に聞いてみたいですね。
でも、ああでもないこうでもないと考えて試してみるのも好きなのでw、多少間違ってても、壊れたりに事故に繋がらない程度ならヨシとしてます(笑)
Posted by ワニガメ at 2010年03月17日 17:33
サドルバック仕様にするなら、ステーの前側にあったほうがいいでしょうね。
ステーの後ろ側にあるのは、組み付けや調整がやりやすいというだけの理由だと思います。
ただ、ステーの前側に取り付ける場合はワイヤーの取り回しに一工夫必要です。
私の場合、取り付け位置はステーの後ろ側ですがワイヤーの取り回しをちょっと工夫してます。
http://blogs.yahoo.co.jp/tohru3016/1916038.html
Posted by タケちゃん at 2010年03月17日 19:49
>>タケちゃんさん

ワイヤーは確かに工夫が入りますね。
もっともカンチ台座を前に付ける時点で特種工作?でしょうから、ブリッジ型のアウター受けを前に付けてもらうとかで可能かなと・・・ちょっと違和感ありそうですが(笑)
ブログの記事は拝見させていただきました。アーチワイヤーが長いですが、レバーの引き量とカンチブレーキの動く量が気になりますね。
ホイールがキッチリフレのない状態で(あたり前ですか^^;)、ブレーキとリムのクリアランスをかなりシビアに調整しとかないとならないような気がしますが・・・いかがでしょうか?
Posted by ワニガメ at 2010年03月17日 23:59
この後ろブレーキのアーチワイヤーの取り回しは、多数のアイデアの中から選択しました。調整もし易く効きも満足してます。
このブレーキを効率よく使うためにカンティ台座の幅を広げています。そしてアーチワイヤーとブレーキアーチの角度が90度くらいになるように設計しています。
さらに、リターンスプリングは自作して操作力を軽くしてます。

ステーの前側に取り付けられている場合はシートチューブにワイヤーを貫通させているものを良く見かけます。
見た目はいいんですがサドルの高さ調整が制限されます。

アーチワイヤーが長くても気にならないなら、私のようにチドリをトップチューブ下側にくるようにしてアーチワイヤー用のガイドチューブをシートステー前側に付けてもいいと思います。ただし、ブレーキワイヤーをトップチューブに内蔵する必要があります。
Posted by タケちゃん at 2010年03月18日 18:22
>>タケちゃんさん

想像力と実行力と作業力に感服いたします。
アイディアは思いついてもなかなか具現化できない事の方が多いので、そのアタリはモヤモヤしておりますw

シートステー前台座はもうちょっと考えて、もしオーダーする機会でもあれば試してみたい気もしております。
擬似的に取り付けてみて足への干渉が無ければアリかなというところです。

Posted by ワニガメ at 2010年03月18日 18:44
もし、フレームをオーダーされるのであればチェーンステー下側にセンタープルブレーキを直付けするという手もありますよ。
この方法のほうがワイヤーの取り回しや見た目はいいですよ。
Posted by タケちゃん at 2010年03月18日 19:56
>>タケちゃんさん

まさに、MuddyFOXにそこにカンチのがありましたね。
しかし大好きなセンタースタンドを諦めねばw
Posted by ワニガメ at 2010年03月18日 20:03
長身で余裕があるからとオーダーで前付に挑戦したものを見ましたが
マファックドライバーのような横に広いモノだとかかとに当たるんです、と・・・
Posted by   at 2011年09月15日 03:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。