2010年03月23日

ギヤ比 その4

青ランドナーのギヤ比考察です。

今回のギヤ比考察は一旦終了w

青ランドナーではサイドバッグでキャンプ装備をする予定はないので、小豆号ほどローギヤー化しなくてもいいかなと思っています。

まずは青ランドナーの現在の状態と小豆号のローギヤの比較

trav01.jpg


青ランドナーの最もローギヤは小豆号のセカンドローよりまだ重たいかんじです。

しかもフロントダブル化する時にチェーンラインが内側にズレた?ので、インナーxリヤトップの2枚ほどは使いたくないw
アウターxトップはその分問題ないんだけど。


次はアリのも改造で出来る可能性のある

・インナー30T化
・リヤ7段 13-28化

をそれぞれ別途に検討

ワシラシアが今48-30だけれど、あっちは48-32でも問題ないので、インナースワップで板のやりくりは出来るのだけど、今の青ランドナーで30Tに無事チェーンが乗るかがビミョー
アウターは計算上46Tにしてみた。

薄いスペーサーを入れればいけると思うけど、今度は変速がどうか・・・ワシラシアでは割とすんなりすですが、スペーサーの影響がどうでしょうか。

7速化はボスフリーは8SISレバーでもシンクロテスト済みなので、リヤエンドを130mmに広げちゃえばOK。

trav02.jpg


個別だと現行小豆号よりもまだ重たいギヤしかできません。
そりゃ当然ですw

小豆号のインナーを28→26にする予定だとすれば、28Tもあまります。
6速13-26のままインナー28と

インナー30Tで7速化と両方検討

trav03.jpg


これで、現行小豆号と同じとほぼ同じ。
キャンプなしならこれでいいかな。

でも一応、もう1つ考察
インナー28と7段13-28

trav04.jpg


1:1です。これはいいですねw



という事になりますが、青ランドナー現行クランクではどこまでインナーを小さく出来るかという問題があるので、今日の結論はなし。
それ以前に青ランドナーの配置転換wをしない限り山岳ツーリングの予定はないのです。



まずは小豆号の変更をしてみて、出てきたパーツで青ランドナーのテストをしていく事にします。これはインナー26Tだけ買えばいいのでお財布にも優しい。

青ランドナーのインナー30もしくは28T化はクランクの問題、アウターの44化は前メカの問題もありますが、その気になればワシラシアとごっそりスワップしちゃえば多分OK。
ただし48-28だと仮に変速が上手くいっても、アウターとインナーのクロス部分がビミョーなので、46か44Tを導入したくなります。
前の考察でもアウターは44で充分だけど、アウターはインナーより買うのに勇気が必要な価格なのが問題であるw
posted by 赤いワニガメ at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ランドナー・スポルティーフあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。