2010年03月29日

サドルバッグ その3

最近サドルバッグに夢中(笑)で、好き勝手な事を書いているワケですが、

実はこのシリーズ、どうやってまとめようかと決まっているワケではありません(汗)

ようはサドルバッグ欲しいのですが、普通に売ってるヤツが私の希望に合わないので、自作とかオーダーとか含めて検討しているのです。

しかし、大枚はたいて希望のバッグをオーダーメイドなんていうご身分ではないので悶々としているのです(笑)

今回、自分の欲しいサドルバッグを、先日勝手に分類したタイプ別と絡めて考えてみる事にします。

まず、どんなサドルバッグを現状使ってるか、またはどんなのが欲しいのかをまとめてます。

【ロード用の小さいタイプ】

普通にロードで出かける時です。

これはもういろんなモノがたくさん売ってますから、アレがいいコレがいいは物欲以外の何ものでもないので、今はあまり興味ありません。
いろんなメーカーのいろんなタイプを使いましたが、やはりどれも一長一短でしたが概ね不自由してません。

有名メーカーのものでは

■カリカリっと90度回して着脱出来るタイプ

小さいバッグは結構いいのですが、大きいモノにいっぱい荷物を入れるとイマイチで気付くと曲がってたりします。
3クリックくらいで着脱可能位置になるので1クリック分位はいいのですが、気分は良くないです。

サドルレールにクランプする部分も上下とも樹脂製であまり強くは締められません。なので大きめ(重い状態で)のものはサドルレールを滑り易く、

自分はここに留めたいんだ!

と思っても走ってると自然と違う位置にありますw

でもこのクランプはサドルを選ばないで取り付け出来るので(私の使ってるサドルでは)、それはありがたいです。

なので、このカリカリのやつは小さいやつ限定にしたいです。

■両枠から挟んで外すタイプ(ちょっと前から1ボタンも併用になりましたが)

黒い樹脂のアタプタを2本でネジ留めして、赤いボタン?で外すヤツですが、これ、なかなか外れないです。
なので走ってる時は外れる心配はしてないのですが、結構ここブランドのものは揺れる感じがします。4つくらい使いましたが、全部そんなイメージ。

バッグ側のアダプタが細くて小さいのでやむを得ないのですが、気になりますね。。。

一度、バッグ側の樹脂アダプタが崩壊したので最近はこのタイプは使ってません。

■四角いアダプタの溝にカチっと嵌めるタイプ

これもネジ止めでクランプ上は鉄製なのでそちらは安心してるのですが、下側が樹脂なので割れないか心配してたところ、割れたのはこれもバッグ側のアダプタ部分でした。

ここのブランドの商品は補修用なんかも結構出ているので、そういいう意味では安心ですが、壊れないにこした事ないです。

このカチッと嵌めるシリーズは何気に一番出番が多のできっと気に入ってるのだと思いますw

壊れた時はシリーズ最大のバッグにパンパンに荷物を入れていったので割れちゃったのかもしれませんが、中型くらいまでは今のところなんともありません。

カッチリ付くし取り外しも簡単なのでこれで十分かなと。

しかしこのアダプタはサドルを選びます。

レール後部の形状が複雑?なヤツだと使用できません。

標準品が使えないサドル用のアダプタも出ているようですが、アーム上であまり好きじゃないので使ってません。

■防水のスゴいヤツ

これは防水というより、ロードにつける用では比較的大容量という事で買ったのですが・・・・

面倒クサイw

容量も多目とは言ってもやはり半端だし、クルクルしてパッチンと留めるのが面倒でして・・・
しかも形状的に好みじゃないので、御蔵入りしておりますw

■その他

以前はチューブラーバッグを使ってまして、それに工具を入れてチューブラータイヤは剥き出しでサドル下に縛ってました。
ストラップ式で実用上は容量以外に特に不満もなく使ってましたが、ピラーにもベルクロを巻くのがイヤで今は使ってません。

他には、形状が食虫植物みたいなカタチのやつも使ってません。一度試してヤメちゃいました。
帰宅後バッグがハエでも捕まえてたらイヤですからw


【ロード用の大きめのタイプ】

えー、これが一番の課題です。

今日は1日走るぞ!

って時、

まだ雨も気になる季節だったり
朝夕はウィンドブレーカー欲しい季節だったり
コンビニの少ない方面まで行く時など

は大きめのバッグが欲しいのですが、これがどうもいいのがない。。。

今はマッタリ走行用のロードに帆布製のS−2サドルバッグを使ってますが、これはいかにもツーリング風でして、この自転車には気にせず使ってますが、そういうの付けたくない自転車もあったりする・・・というかS−2だと普通のロードにはちょっと大袈裟な気がするのです。

ロード用で大容量だと、前に分類したピラータイプが各社からも出ているのですが、あれは使う気になれません。

まずピラーに何か付けたくないんですからNGなのですが、それ以上にあれだけ後側にに荷物を付けるのにどうも抵抗があるのです。

ランドナーでキャンプして遊んでるのに、それが気になるのもおかしな話なのですが、ロードだとそうなのですw

荷物の量はやむを得ないというか必要な時は必要と感じるのでいいのですが、走行感はなるべく素のままの自転車に近い方がいいので、アレを使うならS−2を使っちゃうと思います。

S−2は横幅はありますが、腰幅や両太腿幅よりは狭いですからサイドバッグが引っ掛かって危ないって事も思ったこともありません。
空気抵抗もフロントバッグと比べずとも今まで気になった事もありません。

でもS−2も基本的には普通のロードでは使いたくありませんw ・・・なんともわがままな^^;

オーストリッチならもう少し小振りなSP−731も気になりますが、まぁS−2あるから敢えて買い足す事もないでしょう。

ロード用で5L程度のそれらしいバッグがあれば欲しいところです。

【ポーチタイプ】

これはランドナー/スポルティーフ用に欲しいです。
工具入れです。

横型のヤツ。

しかしこのタイプってほとんど無いんですね。

革のとかあるんですが、もうちょっと大衆車に似合う(笑)帆布のヤツとかないんですかね。ナイロンでもいいですw ビニールは昔使ってたのがすぐ破けたので・・・・・

先日試作したブラブラ防止サポータが結構良くできたので、装着準備は出来ました(笑)

この間試しに使っていたワゴンセールのやつは、大きさ的にはいいのですが、ホックがベルトループに通らないのでNG
あと、ホックだと重たい工具だと外れちゃいますねw
もっともそれ以前にあのバッグ自体がビミョーです^^;


それ以前のもと前に、そうそう出番の無い私のツーリング車にはもったいですねw

なんかお買い得でいいのが見つかったら検討しましょうw

【大型のサドルバッグ】

大型と言っても、S−2位の大きさで充分です。

それ以上の荷物の時はサイドバッグランドナーの出番なので、それ以上のは今のところ私には不要です。
使いたいと思った事もないのでS−2でOKです。

キャラダイスのペンドルもありますが、これは鉄のロード用に何度か使いましたが、S−2のようにサドル下に若干もぐりこむタイプの方が好きなのでペンドルはお休み中w

ペンドル、オシャレでカッコいいんですが位置がS−2の方が好きです。

S−2はカタチも位置もバッグそのものを良く出来てると思うので気に入ってはいますが、違う色とかないんですかね^^;
もっとも、あの帆布シリーズはフロントバッグやサイドバッグと同じ趣きですからあれはあれでいいんでしょうけど、私は今はS−2は単体で使用しているので、もうちょっと違う色とかもあったらよかったのに・・・と思ったりもします。
でもそれは贅沢なので、大型サドルバッグはS−2でOKです。

しかしこれと一緒に入手したキャラダイスのサドルバッグサポータは大活躍しております。

という事で、次回はサドルバッグサポータをネタにする事にします。
#次回ってのは「サドルバッグ その4」って事になりますw

【その他】

これは、欲しいというところまで行かないのですが、こんなのあったらな・・・という感じのバッグの話。

PMD.jpg


これは、私が以前フライフィッシングをやってた時(辞めたつもりはないのですがw)、禁猟期間に管理釣り場で遊ぶ時とかに使ってたショルダーバッグなのですが、大きさ的にちょうど良くて、こんなのをサドルの後ろに装着してもいいかなと。
ショルダーストラップも簡単に外れます。

私は自転車に乗る時、自転車を置いて近くを散策するという事もほとんどしないのですが、自転車から離れたたら普通のバッグっぽいバッグがあってもいいかなとw

自転車でちょっとした買物にいったり飯食いに行く時もありますからね^^;
ママチャリは持ってないので、そういう時はユーラシアかS−2の付けてあるロードで行くんですけど、フロントバッグもS−2も自転車から外して持ち運ぶ事はほとんどしてませんw

フロントバッグもS−2も自転車から外してショルダーストラップで持ち歩けばいいのでしょうけれど(S−2はストラップ掛けるところは標準では無かったかな?)、もうちょっと普通のバッグっぽいバッグで着脱が容易ならそっちの方がいいかなと思ったりもしてます。

メッセンジャーバッグというのは持ってません。
アレはアレで魅力的ですが、もしアレを入手しても自転車に乗る時は絶対使わないと思います。
片がけバッグ肩がけ?で自転車に乗るは私は怖くてできません。
それ位の荷物がある時はリュックを背負います。

・・・だったら、こんなバッグも要らないですねwww

これは最近使ってない釣り用バッグを見てたら思いついた程度の話です^^;

でも、自転車にくっついて背負わないでいいなら使うかもしれないですw

今のところバッグを持って散策する事もほとんど無いし、もしこの手のバッグを自転車に付けたくなったら、このバッグを改造して使う事になるでしょうw



つづく
posted by 赤いワニガメ at 23:58| Comment(12) | TrackBack(0) | パーツ/アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サドルバッグといえば、英国製クラブモデル。こんな方もいらっしゃいます。
http://blogs.yahoo.co.jp/lloyd356/folder/201207.html
Posted by タケちゃん at 2010年04月04日 17:51
>>タケちゃんさん

ランドアー@フランスだとフロントバッグ
クラブモデル@UKだとサドルバッグ
という雰囲気はありますかね。

私は気にしないで自分の好きなもの使おうかと思っています。
ロードはサドルバッグ、ランドナーはフロントバッグがメインになると思うのですが、スポルティーフはどっちがいいか検討中です^^;
Posted by ワニガメ at 2010年04月05日 17:37
私は車種にこだわらずフロントバッグです。

フロントがある程度重いほうが走行安定性がよくなります。後ろ開きのフロントバッグは特に使いやすいです。走行中にモノの出し入れができますから。

サドルの後ろにつけるとすれば、シュラフ、テント、マット、着替えなどをサドルバッグサポーターを利用して積載する場合はあります。
Posted by タケちゃん at 2010年04月05日 18:45
>>タケちゃんさん

フロントが重いと安定性がいいというのは確かにあるかもしれませんね。

キャンプ装備でフロント2サイドの時は、下り坂など低重心で実に安定していて楽しいですw

後ろ開きのフロントバッグは使った事ありませんが、考えただけで使い易そうです。
Posted by ワニガメ at 2010年04月06日 11:05
前輪荷重:後輪荷重=4:6のとき自転車は安定します。私の実験では前輪荷重が35%以下だとハンドルのフラツキがかなり大きくなります。逆に前輪荷重45%を超えると、発進時後輪が空転する場合があります。
正確には重心の高さも関係しますが、サイドバッグをつけるなら後ろではなく前です。後ろにのみつけたら下りでハンドルがグラグラして怖くて走れません。
Posted by タケちゃん at 2010年04月06日 18:58
>>タケちゃんさん

サイドバッグは後ろに付けてみた事もありましたが、ほとんど全ての面で前の方がいいと感じましたw

サイドバッグ後ろのメリットは、リヤのキャリアの方が取り付け外しが簡単だった程度で^^;、それ以外は前の方が断然いいと感じております。

4:6ですか。
普通(というのは難しいですがw)にサドルに座ると多分もっと後輪側に荷重するような気もするのですがどうなんでしょうか。。。。

リヤ荷重はトラクションが逃げない程度で、前荷重というのが安定上もいい気がしてるのですが、かと言って腕からハンドルに体重をかけるのもこりゃまた安定しないし疲れるしで・・・自転車はなかなか奥深い乗り物です。

いつもそんな事考えて乗ってるワケじゃないんですが^^;



Posted by ワニガメ at 2010年04月07日 00:18
私のランドナーのリヤセンターは445mmです。
アップライドポジションでも走行安定性を確保するためです。
Posted by タケちゃん at 2010年04月07日 18:16
>>タケちゃんさん

リヤ-センター445mmは私のランドナーより長めですね。
小豆が435mm、青が430mmなので、ランドナーにしては短めな方だと思ってましたが、なるほどそうやって設計を行っていくのですね。。。。

実はフレームスケルトンにおいてはハンガー下がりが一番謎でして、全く同一条件でハンガー下がりだけがちがう自転車など乗る機会など無く、一般的に言われてる事がどれだけそういう事なのか、どうも判りません・・・

もっともフレームをオーダーをした事がないので、決められたまま買ってるのが現実ではあるんですが。
Posted by ワニガメ at 2010年04月08日 03:18
ワニガメさん

私はハンガー下がりではなくBBH(地面からクランク軸までの高さ)で設計します。スタンダードな設計ではBBH=クランク長さ+100mmです。165mmのクランクならBBH=265となります。

ペダルクリアランスさえクリアーできれば、一般的にはBBHは低い方が安定します。ペダリング時のフレームの横揺れが小さくなるからそう感じるのではないかと思っていますが確証はありません。
Posted by タケちゃん at 2010年04月08日 21:04
>>タケちゃんさん

なるほど。。。。
既成フレームでも、日本だとハンガー下がりで書いてある事が多いですが、海外製などはBBHが多いのでよく判らなかったのです。

タイヤのサイズによって違うんでは・・・?といつも疑問でしたw

ワタシも実は低い方が安定はするだろうかなぁ・・・と思いつつ何の根拠もなく雰囲気でそう思ってました^^;
Posted by ワニガメ at 2010年04月08日 21:25
ワニガメさん

私もサドルバッグ付けてみました。よかったらこちらをご覧下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/tohru3016/14411141.html

Posted by タケちゃん at 2010年05月08日 21:24
>>タケちゃんさん

あとでゆっくり拝見させていただきます!
Posted by ワニガメ at 2010年05月10日 13:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145076679

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。