2010年06月14日

新作? のつづき

週末は自転車に乗れず・・・といいますか乗らずでしょうか。

なんだかんだ仕事と自転車遊び以外にもいろいろ用があります。

仕事が忙しいなら嬉しい悲鳴という事なんでしょうけれど、そちらの方は残念ながら忙しくないのですがw、それでもやる事はイロイロあったりするので、この週末は乗らずでした。

でも少しは自転車の事もやりますw

先日作ったバッグ、どうも設計に問題があるとは思えないので、もう一度試してみることにしました。


このバッグは、SWIFT用といいますか、BROOKSとかの中でもベルトループのあるサドルで、レールが垂直に立ちあがるタイプであれば、そのレールにバッグ背面があたるようしちゃえば、サポーター無しでも太腿にそんなに干渉しないんでないかと作ってみたんですが、作った後のテストでは何故か上手くいきませんでした。

という事で、少し改造?

DSCN0670.jpg


ちゃんと思った通りになりました^^;

改造ってほどの事はしてませんで、ストラップの穴をもう1つあけて、 バックルを中留めにする事で、バッグをサドルに少し近づけただけです。

試乗でも、ワザとサドルの後ろに座って脚を伸ばして干渉する程度で、走行時にはまず気にならないかなという感じです。

素晴らしい!!

・・・・とはいきませんw

やはり多少揺れます。

この辺りは人それぞれだと思うんですが、私の場合、この揺れとかってあまり好きじゃないのです。

走行時に何かと気になるのはなるべく避けたいので・・・

バッグ背面のレールアタリ補強のところにテープを縫い付けサポーター使用の仕様にしました。

DSCN0668.jpg


サポーター要らずのバッグという最初の条件をあっさり諦めておりますw


自転車のバッグ、特にサドルバッグというのは、取り付け位置や角度で、自転車の雰囲気が結構違っちゃうので、出来れば自分の感性に近いところにつけたいのです。

・・・・こういう事言い出すと、鬱陶しい話になっちゃいますがw、そもそもこのブログはそういう類の話題が多いので気にせず進めますw

ブラブラ防止の目的以外にも

ここいら辺りで、こんな角度で停まってて欲しいんだよなぁ・・・

をサポーターに任せちゃおうと

しかし、サポーターはサポータでバッグが無い時のカタチも結構気になるのですw

今回はチビサポーターをつくりました。

DSCN0669.jpg


サポーターといいますかブラブラ防止止めです。

小さいですけど、これがかなり有効です。

最近、この手の金属棒やパイプをあれこれ曲げたりしておりまして、それの失敗作?の一部を使って作ったので、かなりイビツですw

カタチが気になるといいつつもここいうところはいい加減です。

細かいところがキレイであるかはとにかく気にしなくて、全体の雰囲気重視なのですw

私の自転車は近くで見てはいけなくて、5m以上離れて見る仕様になっておりますw


このバッグ、先日はサイクリング車につけてましたが、あちらのサドルだとビミョーに位置がよろしくないので、ロードのサドル用に少しストラップの位置を変えた同じバッグをもう1つ作りました。

それはそのウチチラっと写真でも載るかもしれませんし、載らないかもしれません。


という事で、乗らずの週末のくだらない作業でした。




posted by 赤いワニガメ at 18:34| Comment(2) | TrackBack(0) | バッグ製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブラブラ防止のチビサポーター、オーダー品みたいでいいですね。よくまぁ次から次へといろんなアイディアが出るものだと感心してしまいました。

>5m以上離れて見る仕様

これ、笑ってしまいました。ワニガメさんのは謙遜だと思いますが、僕の自転車はまさにそんな感じですwww
Posted by yuzito at 2010年06月16日 06:39
>>yuzitoさん

アイディアっていうか、以前から考えてたのを最近実現してるだけだったりで、実際は、どっかで見た事のあるヤツとかをヒントにしてるだけだったりします^^;

私の自転車、ホント近くから見たらヒドいとこだらけですよwww
外装はいいんです^^;
Posted by ワニガメ at 2010年06月16日 08:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153252282

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。