2010年07月15日

ギヤ比 その5

最近バッグネタばかりでしたが、思い出したように、その前にやってたギヤ比の件です。

現状の青ランドナーですが、実は問題アリアリなのです。。。

48282.jpg


現在、48-28のフロントダブルになっています。

この自転車はオリジナルの状態が48-40-32でしたが、その後、40を外して48-32として、その後は48-28にしました。

元々はロープロファイル化以前のクランクと軸なので、左右のクランク位置の差があったのと、Qファクターが大きいので、Wにしたワケで32でも問題ないのですが、32Tのギヤ板をワシラシア用に使いたかったので、とりあえず28Two突っ込んどいたという感じです。

しかし、これが問題だらけです。

まず、板の厚さと構造上、この28Tは上手く取り付けが出来ず、お世話になってる遊輪舎さんに頼んで1mm厚のスペーサーを作ってもらって取り付けております。
板とクランクの構造上インナーギヤ板固定ネジが締まりきらなかったのです。

48283.jpg


しかし、これでもまだ問題あり。。。

48284.jpg


インナー使用時にアウター固定ネジの内側とチェーンのクリアランスが微妙で、リヤ6枚のうち内側(ロー側)2枚以外は擦れます。。。。

スペーサーの厚さをもう少し厚くすれば、あと1,2枚は問題なく使えるかもしれません。

というか、そもそもの元凶wは、BBの軸長がかなり短い113mmというのを使ってるので、かなりチェーンラインが内側になっているという事でしょう。

東京勤務の青ランドナーはインナーは使わないので、実情は全く問題ないのですが、そろそろ青ランドナーでツーリング・・・もしくはサイクリングでも行こうかななんて思ったので、コレを何とかしないといけないかなと。


4828.jpg


白地の部分は問題なく使える組み合わせで、グレーのところは基本的にかなり問題があり、黄色のところが擦れる・・・・

はい、かなりよろしくないセッティングになっております^^;

軸を伸ばすのがもっとも適切な対処だと思われますが、113mmのQファクターもなんとなく気に入っているのでw、できれば違う解決策でやろうかと思ってたりしております。

アウターとインナーのクロスレシオは諦めるにしてもw、せめて1段づつ違うギヤ比が使えるようにしたいところです。

ちなみに、26Tと48Tの掛け替えは、ツーリング車としては問題ないレベルで行えております。





posted by 赤いワニガメ at 22:37| Comment(3) | TrackBack(0) | ランドナー・スポルティーフあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

私の場合ならですが、アウター固定ネジの内側の出っ張りを少なくなるように加工します。

つまり、クランクアームのアウター取付穴の裏側に平座ぐり加工を施します。できれば、頭の厚さが全て座ぐりの中に納まれば理想的ですが今度はアウターリングの固定ネジが締め切ってもアウターが固定できなくなるかもしれません。その場合は固定ボルトのメス側の高さを低く加工する必要が出てきます。
Posted by タケちゃん at 2010年07月16日 05:03
タケちゃんさん

こんにちは

それは一番美しく固定できそうですね。さすがです。
ツライチで固定出来れば、擦れについてはほぼ全域問題なくなりそうです。チェーンラインの問題でインナーxトップとトップから2枚目はかなりキツそうですが。

クランクへの平ザグリは私には作業できないので、やるならどこかで加工をお願いするしかなさそうです^^;

固定ボルトのヘッドをもう少し薄くしようかとも思いましたが、強度も気になるので見送りました。

クランクの平ザグリはかなり魅力的ですね。
Posted by ワニガメ at 2010年07月16日 09:43
>>タケちゃんさん ・・・その2^^;

今気づいたのですが、固定ボルトヘッドの丸形状ではなく、端から平たくするなら私にも作業できるかもですね。

スチールファイルで削っていくとどうしてもRが出ちゃうのでそれを丁寧に平らにすればいけるかもですね。
アウター固定側はクランク平ら側なので多少R掛かってもギヤ板がうねる事もなさそうです。

トライしてみようかなぁ、という気がしてきました。
Posted by ワニガメ at 2010年07月16日 09:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156457417

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。