2010年07月16日

安チャリ賛歌

変なタイトルを付けちゃいましたが、歌にはなっておりません^^;

私はどうも比較的安い自転車が好きなようですw

このブログでは主に4台の自転車を登場させていますが、小豆号を除いては安い自転車と言っていいと思います。

小豆号も私には高級車ですが(笑)、趣味的な自転車とすれば一般的には「大衆車」という感じの価格です。

ワシラシアは2万円以下の中古車でしたが、かなり状態が良く、少しづつイジくりながら楽しんでおりまして、それなりに充分ではあります。

青ランドナーは5万円という大枚をはたきましたがw、これもかなりいい状態だったのと変更されていたパーツも自分向きでお買い得でした。これも消耗品以外で購入したパーツはほぼありません。どのみち職場での移動用としては充分過ぎておりますw

お気楽ロードのフレーム&フォークは新古品で7000円で入手したものです。
当初手持ちのパーツと安パーツで組んだ職場号でしたが、フロントトリプルとランドナーバーのロードを組みたいと思った時にこの自転車を組替えたので、それなりに費用はかかりましたが、以前やってたゴルフに1度行ったと思えば済んじゃうような費用でしたw
私にとってランドナーはキャンプツーリングや地道も走るツーリングなど特別な時に乗る自転車となっておりますが、普段の自転車の楽しみ方としては今最も自分にあった自転車がこの自転車という気もしております。


もちろん、どの自転車もなんだかんだ継続的に手を加えているので、その金額だけじゃ済んでいないワケですが、こっちの自転車については、直接的にはなるべく少ない予算で楽しみたいと思っております。
この「直接的には」というのがビミョーでしてw、間接的にはなんだかんだサイフからお金が出て行ってしまっているのも事実です。

最近ではバッグ作成のためのミシンの購入を機に、生地だの付帯道具などあれこれ散財してしまいました(笑)
自転車関連もあれこれ入手してはお蔵入りしてしまうパーツ・アクセサリーもあるので、けして上手にお金を使ってるとは言えません(汗)

それだったら、高級オーダー自転車にフランス製の素敵なバッグを購入しちゃった方がよほど賢い消費者のような気もするのですが、私の場合そういう楽しみ方になりません^^;


確かにいい自転車への憧れはあるのですが、私レベルの自転車乗りですと、楽しみ方の範囲でもこれで充分だし、乗って得られる満足度は大差ないんでないかなと思ったりしております。

安いと言ってもボロではなくて、キチンと整備さえしてあれば充分それで楽しめちゃいます。

完成されたモノをお金で買うよりは、自分でイジる部分が残ってて、あれこれ工夫と苦労wをしながら自分なりの自転車にしていくというのも楽しみの一つだったりするため、その分の予算が必要でメインの自転車は安く・・・という意味の判らん循環になっているのかもしれません(笑)



この志向は、食生活にも言えておりまして、高級なものはなメッタに食べません(食べられません)。
高級な美味いものなかり食べてそっちに口が慣れてしまい、普段私が食べてるような食事が「・・・」と感じてしまうのは困るのですw
普段食べてる普通の食事も毎回「美味しい!」と感じて、ごくごくたまに食べる事の出来る高級食は「これは特別に美味しい」と感じられればいいワケですw
大好きな立ち食いそばや吉野家の牛丼を美味しくいただける生活の方が私にはなにかと都合がいいのです(笑)

やはり貧乏性(性は要らないという話もありますw)なのでしょうかw


話が大きくズレてしまいましたが、自転車の楽しみ方や付き合い方さえはっきりしていれば、その中で満足できる範囲で予算にあった自転車に乗ればいいという感じでしょうか。
少なくとも、見栄で高級自転車が欲しいと思った事は一度もありません。
憧れみたいので欲しくなっちゃう事の方が多いです^^;

もっとも、私の場合自転車そのものの台数が少なくないので、かなり贅沢をしているのは事実ですが。



追:

なぁんて事書いちゃいましたがw、モノによってはいい自転車は欲しいし乗りたいです^^;

楽しみ方の一つとして「いい自転車に乗りたい」という気持ちもありますし、今の自転車で満足できない部分を補おうとするとやはり「もっといい自転車」という方向へ考えが行く時もあるからです。

特に、ワシラシアはフレーム自体のサイズが小さいしどうにも重たいんですよねぇ(爆)





posted by 赤いワニガメ at 12:35| Comment(4) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ワニガメさん、こんばんは。

自転車は走るための道具ですから、楽しく走れれば安いことに越したことはありません。

最近は、100万円オーバーのロードに乗られている方など増えているようですが、私には理解できない世界です。5万円の自転車で日本一周された方のほうが興味深いです。

ワニガメさんのように自分で作っちゃえという考えは大事だと思います。走る楽しみと作る楽しみと改造する楽しみがあれば十分ですよ。
Posted by タケちゃん at 2010年07月20日 20:09
>>タケちゃんさん

おはようございます。

確かに、自転車ツーリングおいては、高い自転車で高級ホテルよりも安い自転車でビンボー旅行という方が魅力的には感じますね。

しかし、最近なかなか出かけれないので、それが一番ダメなような気もしておりますが^^;

自転車は、クルマやオートバイに比べて、自分でイジるとか作る部分の敷居が低いので大好きだというのもあります。
もちろん乗って楽しいのが最初の一歩ですがw
Posted by ワニガメ at 2010年07月21日 08:46
ただ単純に値段そこそこの自転車で楽しんでるとすごく得してる気になります(笑)
Posted by yuzito at 2010年07月24日 10:49
>>yuzitoさん

そうそう、そんな感じですw

ワタシの場合、高いモノはなんだかもったいぶって思い切り使い倒せない事が多いので、安いもので思い切り使った方が楽しめる場合が多いです^^;
Posted by ワニガメ at 2010年07月24日 21:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。