2010年08月18日

荷物は前?後?

荷物積載のツーリング、荷物をどこに積むか。

今回はバッグそのもの話ではなくて^^;、どこにどう積むか、特にサイドバッグは前か?後ろか?みたいな話です。

結局は好みとか事情で決める事なんでしょうけれど、今の自分の思ってる事をまとめておこうかなと。

次にでかけた時に変わるかもしれませんが。



まだまだツーリング経験不足のワタクシ、何せ最高2泊でしかツーリングをした事はありません。

現地滞在とかオートバイではもっと長いのも一応あるのですが、

自転車で毎日走ってツーリング、というのは2泊3日が最高なのです。これでも頑張って作ったスケジュールだったりするので、長期ツーリングは「いつかは・・・」って感じで心にしまっておきましょう。


そんな数少ない経験の中でも、いろいろ試しておりましてリヤに2サイドにしたりフロント2サイドにしたり。

sideFR.jpg



昔ランドナーに乗っていた時も大きなツアーっぽい事は出来ず、ちょろちょろと近く走った程度で最高で長野県まででした。その頃はフロント2サイドでした。

当時使っていたサイドバッグ用のキャリアは日東のキャンピーみたいに丸ごとのキャリアでなく、フロントキャリアの一部に固定して、カンチブレーキ台座とフォークエンドの上のダボで固定する枠だったので、リヤキャリアより安かったのかもしれません。

もしくは、何となく前の方が見た目的にカッコ良く感じたからかもしれません。

ようは何で前にしたのかは覚えていませんw

小豆号最初の2サイドでのキャンプツーリングはリヤで試して、その次はフロントにしましたが、それ以後はフロントで行っております。

「フロント派」w という事になるのでしょう。

というか断然フロント装着が好みです。



フロントサイドの好きな点は

・走行時の安定感
・カーブ等での安定感
・バッグ=幅が視野にある安心感

です。数少ない経験で感じてる事なので、何か勘違いしているかもしれませんけどw

雰囲気的に「ハンドルが重そう・・・」にも見えますが、実際ハンドルを切ろうとしたらたしかに重いです。
でも、走行中カーブする時にハンドルの操作角なんてしれたもので、クルマのようにタイヤの角度で曲がろうとする乗り物じゃありません。
自転車のハンドルはバランスをとるために動くのであって、曲がる時は気持ちで曲がるのです(笑)

また慣れについても、普段軽いロードバイクに乗って身体がそっちに慣れてしまうと、キャンプ装備のランドナーに乗ると最初は重くも感じますが、暫く走るとすぐに慣れてしまいます。ハンドルの重さもその中に含まれます。
これが不思議なのですが、ロードに慣れてる時にハンドルの重たいフロント2サイドランドナーに乗ってもすぐに慣れるのですが、逆はなかなか馴染まないのです。
100Kmくらい走っても、「なんだかハンドルが落ち着かないなぁ・・・」なんて感じる事しばしです。

この多少は重たいかもしれにハンドルの動きも、少なくとも舗装路を走ってる限りではそれほ辛さを感じません。
未舗装路でもなんとかなりましたし、ハンドルを取られるようなガレ場でなければフロントがいいと思っております。ガレ場だったらはフロントでもリヤでも押しましょうw

そしてもう一つ、下り坂コーナーの安定感が結構いいと感じております。
サイドバッグは重心が低いのが安定感の一つだと思いますが、リヤだと慣性で外にフラれる気がしてちょっと怖いのですが、フロント2サイドでの下りはむしろロードより気持ちいい気がするくらいです。
下りでもスピードはそんなに出しませんので気持ちにゆとりがあるからかもしれませんが。


という感じでサイドバッグはフロントが好きなのです。
しかしリヤにもいいところはあります。



リヤでのメリットは

・キャンピー自体の取り付けがリヤの方が楽である事
#小豆号用に用意したキャリアは前後とも日東キャンピーなのですが、フロントはキャンピーごと着け外すのはドロヨケも関わってくるのでちょっと面倒なのです。。。
・リヤキャリアはトップ部の荷台が使える事

実はこの2つ以外はフロントに比べてのメリットは感じてません。今のところ。

しかし、前者は事前準備の問題なのでさておくとして、リヤキャリアトップ部の存在は大きいと思います。

ただしリヤ2サイドでの走行はどうも後ろの荷物が振られる気がしました。
リヤのサイドバッグはぺダリングの邪魔にならないように後輪中心より後ろに取り付けられるので、余計にそう感じるのではないかと勝手に分析しております。

また気のせいかもしれませんが、左右の荷物の重差によってものすごくハンドルがブレるような気がしました。
これは、行きと帰りで詰め方を変えたのでそう感じたのですが、使用回数の多いフロントの時はそれほど感じたことがありません。
もっともパッキングに慣れただけの話かもしれません。



それ以外にも

・坂で押すハメになってもフロントの方が押しやすい
・リヤに大荷物を積むとフレームヘッド回りの負荷が高い(ようは折れやすい・・・という噂を聞いた事があるけど真偽は知りません)

というのを他の人から聞いたことがありますが自分では体験してないので判りませんw
坂の押しはフロントサイドではありますが、ランドナーのリヤサイドではやりませんでした。
でもリヤサイドのMTBで押した時はバッグが脚にあたってジャマだったかもしれません。




MTBでのサイドバッグ、以外にもロードで無理やりキャンプ道具を積載

sideFR2.jpg


なんて事もやってみました。

MTBは前にサスペンションがあるのでフロント用キャリアがなかったり、取り付けダボの関係でリヤにしました。

ロードへの積載の場合はあまり何も考えず、「とにかく道具を運べりゃいい!」
てな事で無理やり載せましたw
でもこれでも、峠を2つ越えてキャンプして帰ってこれたので、結局は「なせばなる」と言うことなんでしょう(笑)
・・・実は、このロードでキャンプに行った時以来「やっぱりランドナー欲しいよなぁ」と気持ちが盛り上がってきたのでした。




という事で、


サイドバッグはフロントが好きです。

でも、その気になればなんとでもなる!


という事で、結論しておく事にしますw
posted by 赤いワニガメ at 16:02| Comment(6) | TrackBack(0) | ランドナー・スポルティーフあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

私は、サイドバッグはフロントがいいですね。
操縦安定性は前後の荷重バランスにあります。
理想的にはF:R=4:6です。フロント荷重が35%以下になるとハンドルのフラツキがひどくなり非常に乗りにくいものになります。特に下りではハンドルのふらつきが止まらなくなり怖くて下れません。リヤに重い荷物を乗せた場合、こういうことが起こり易くなります。

ランドナーの場合、フロント荷重が45%を超えたとしても直進安定性がいいのでスピードを出さなければコーナーリングなどには大きな影響はないと思います。

どうしても後ろに重い荷物を乗せたい場合はリヤセンターを思い切り長いフレームにすれば安定して走れます。
リヤセンターは500mm以上はほしいですね。言うなればセミタンデム車です。確かアメリカあたりでこういうフレームの自転車を作っているところがあったと思います。
Posted by タケちゃん at 2010年08月19日 04:54
おはす!
フロント搭載はよさそうですね。
ワシが思うフロント搭載のデメリットって、ハンドルによる回避行動の遅れぐらいで、乗ればフロントの方がいいんじゃないですかね?
ワタシはしばらく後ろで頑張りますが…
Posted by らんた at 2010年08月19日 07:37
僕もサイドバッグは前派でした。
後ろに荷物満載より走行感が軽く思えたからなのですが、実際にリアサイドバッグをつけて走ったことがないので見た目的にフロントサイドバッグのほうが好きなだけかもしれません(笑)

その見た目に関しても、はじめてフロントサイドバッグを見たとき、「これどうやってついてるんだろ?すげ〜。格好良い〜」といった感想を持ったことが影響している気がします。リアサイドバッグはママチャリのような荷台がついている自転車でも普通につきそうですが、フロントサイドバッグはどうやってついているかわからず、それだけ神秘的というか、専門的な感じがして心惹かれました。なんかしょうもない理由で恐縮ですが・・・


ところでこの記事を読んであらためて考えてみたら、サイドバッグをつけて最後に走行してからもう17年がたっているということに気づいてわれながらビックリしてしまいました。それ以降は長期のツーリングには出かけていないので、ランドナーキャンプに参加させて頂いたときのようにサイドバッグなしで、リアキャリアのトップにテントなどを積むスタイルばかりでした。あれはあれで楽でいいのですが、サイドバッグつけても久し振りに走ってみたいです。
Posted by yuzito at 2010年08月19日 07:43
>>タケちゃんさん

こんにちは

なるほど、理論的にも前の方がいいのですね。
確かに、後ろ荷重だと下りコーナーは怖いです。
前だと逆に安定感があって楽しいくらいなのですが。

リヤ−センターを長くすれば・・・というのはなるほどと思いました。
ツーリング車でリヤ−センターが長いのは操安性ではなく乗りごこちの問題かと思ってましたがそういう理由もあるのですね。
私の小豆号はリヤ−センターが実は以外と短いのでなおさらそう感じたのかもしれません。

これはいい事を教えていただきました。

いつもの事ですが、タメになるコメントありがとうございます!!!

>>らんたさん

どうもです!

でも前のキャリアもなんとかなりそうなんですよねw
まずはあるやつで出かける事が優先だと思いますが、今度は前で比べて、らんたさんの意見も聞かせてくださいまし。

>>yuzitoさん

そうですね。
確かにフロント2サイドというのは独特の専門的な雰囲気ですねwww
私も最初は見た目でフロント2サイドにしたような気がします^^;

リヤキャリアのトップにテントというのはある意味定番の気もしますので、
2サイド+αで済む荷物量なら、フロント2サイド、リヤはサイド枠なしでTOPを使えるようにしえとけば相当積めるかもですね。
Posted by ワニガメ at 2010年08月19日 12:20
20年前にランドナーで野宿旅をしていました。

普通、自転車のタイヤはリアの方が減りが早いですよね。先にリア側に重い荷物を載せると更に減り易くなりフロントとアンバランスですね。まず前、次に後ろ、が正解だと思います。
Posted by moribi at 2013年01月16日 13:15
実は、私も疑問に思ってサイドバックは、前がいいか後ろがいいか悩んでいました。当方57歳、大学時代はキャンプサイクリング部で過ごしました。かなり昔の話になりますが。その当時は、皆フロントサイドバックばかりで何も考えずに当たり前と思っておりました。しかし、この頃、走っている人を見かけるとリヤサイドバックの方が多いですね。そこで、調べているうちにこのブログへ到着しました。現在でも大学時代に乗っていたミヤタのランドナーを引っ張り出してキャンピングを年に数回行っております。昨年と一昨年の冬には沖縄へキャンピングしました。そのときもフロントサイドバックでリヤにはテントとシュラフをくくり付ける定番の格好でした。皆さんも書いてある通りフロントの方が安定感が断然いいですね。リアに荷物を積んでわざと下りでハンドルを揺するとそのブレがリヤまで伝わりなかなか収まらない不安定感が嫌いです。
 この頃、めっきりキャンパーが減りました。ソロでのキャンピングは意外と孤独ですが何ともいえない味わいを感じてこれからも続けていきたと思っております。
 勝手なことばかり書いてすみませんでした。
Posted by masa23 at 2017年03月27日 00:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。