2011年03月15日

とにかく頑張り続けてください

本当に痛ましい災害が起きてしまいました。

言葉が出ません。何を言っても自分で全てが口先の言葉に感じてしまいます。
被災地の方々も頑張っている。頑張っている人に「頑張れ」というのも申し訳ない。

でも、これしか言えません。

頑張ってください。頑張り続けてください。

大きな災害でも規模は小さい事故でも、自分の、そして大切な人の生命を脅かすような事故は当事者にしたら大差はないのは間違いない。

しかしこの災害はあまりに凄惨すぎる。
時間の経過とともにそれを感じてしまいます。

その時からずっと辛い思いをしている人がいる。
直接被災していなくても、文字通り命を掛けて頑張ってる人もいる。

自分に出来る事がどれだけ役に立つか判らないですが、常に強い意識を持って何かをしたいと思う。

他人事ではなく、自分の事として受け止めて行動していこう。



posted by 赤いワニガメ at 00:16| Comment(4) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「広島に新型爆弾が落ちたらしい・・・」
このニュースはインターネットの普及していなかった
当時でも全国に伝わったそうです。終戦間際に空爆
された釜石の爆発音は、山を越え秋田県由利郡の僕の
田舎でも聞こえたそうです。
それから程なく戦争は終結した訳ですが、では いま
我々は、悲観の余り 一切の経済活動を停止すべき
でしょうか?
答えは 否。
こんな時だからこそ、この国を傾かせることの無い様に
生き残った我々は、被災地の人々の分まで 元気に
生きて行かねばならないと思います。
無事である事に感謝して、お互いに頑張りましょう!
Posted by 齋藤電鉄ryu at 2011年03月15日 08:02
>>齋藤電鉄ryuさん

こんばんは

そうですね、生きている人は皆それぞれやるべき事をやらなければなりませんね。
経済活動もそうでしょう。

「仕事」という意味だけではなく「務め」としてやるべき事にのぞまなければいけないと思っています。

やるべき事を続けるためにもそう思っています。
Posted by ワニガメ at 2011年03月16日 00:12
はじめまして。

自分に出来ること・・・。
それは募金ですね。
直接温かい食事も、安心して眠れる場所も提供出来ない。
それに変わるものとしたら「お金」ですよね。

あたたかな言葉より、今は腹を満たしてくれる食事や寒さから身を守る毛布が欲しいはずです。
Posted by Gaku at 2011年03月19日 19:33
Gakuさん

はじめまして!

募金は遠くからでも出来る確実な「できる事」の1つだと思います。
私のショボい募金でどれだけ役に立てるか判りませんが、復興には長い時間が必要だと思うので、少しづつでも行っていくつもりです。

Posted by ワニガメ at 2011年03月22日 13:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/190669116

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。