2007年08月31日

なぜランドナー“復権”を願うのか?

私がランドナーを欲しい理由は、かなり主観的な要因が多そうなので、どうにも存在価値を認めてもらう事にいかなさそうです。

それでもなお考えてみますが、その前に、

何故ランドナー復権を願ってるのかを述べます。

それは、

一人でも多くの人にランドナーの良さを知ってもらいたい!

とか、

これからは地球環境を考える時代。自転車の旅はいかが?

なんていう大儀ではなくて、

これから自分が乗るであろう(多分)ランドナーを少しでも永く乗りたいので、パーツ供給とかに関する不安をなくしたい

という、なんとも身勝手理由だったりします。

懐古的な様式美に拘ってはいないので、オールドパーツのリバイバルは直接的には望んでいません。
もっとも、ランドナーは過去に熟成したのだとすると、当時の専用パーツはそれなりに機能を持ち合わせてる訳ですから、魅力的なのは事実です。

そこまでは望まないにしろ、“使えるランドナー”を目指す上で、特定のパーツは、ロードもしくはMTBのパーツを流用すればなんとかなるのですが、どうにもならないパーツもありそうです。

最も考えられるのは、リムとタイヤです。
特にタイヤなのです。

その他のパーツ類は補修用パーツを在庫するなどの手によって、少なくとも自分のランドナーを生き長らえさせる事は出来ると思うのですが、タイヤだけは厳しい。
賞味期限(?)が短いですからね。
これだけは、販売が終わると、数年後に自分のランドナーも実用車としての存続が成り立たなくなるのです。

今はパナレーサーから650A、650Bが出ているようです。
少しでも長い間製造を続けて欲しいものです。

三ツ星にはトリムラインという定番タイヤがありましたが、今は三ツ星自体が自転車用タイヤの生産をやめてしまいました。
パナレーサーにはそうなって欲しくない。
という事で、今後、ロードバイク、MTBともになるべくパナレーサーのタイヤを使う事にします。

単なるユーザーに出来る事はこれ位なもんです。

リムも心配ですが、これは補修用を在庫しておく手はあります。
幸い、アラヤの650Aのリムであればまだ普通に購入できそうです。
そして値段も案外安かったりします。

しかし、そのリムを製造しているアラヤが出して来たランドナーは26HEという事も頭に入れておく必要はありそうです。

こんな心配をしたくないので、ランドナーが昔のようにあたり前の自転車になってくれれば、今よりすぐれたパーツ、アクセサリー類も市場に出回る事でしょう。

という事で、ランドナー復権を願っているのです。

そのためには、ランドナーが自転車好きの中でもごく一部の人のためのものでなく、かつてのように一般的なスポーツサイクルとして存在して欲しいのです。

今は残念ながら肝心のランドナーがないので、つまらない事ばかりを書いていますが、何か伝えることでランドナー復権の1つのチカラにならないかと思っている部分もあります。

ランドナーが納車されましたら、「ランドナーもいいなぁ」と思ってもらえるツーリングレポートのエントリーを1つでも多く上げられるようにしたいと思います。

1ユーザー(候補ですが)として出来る事はたがしれてますが、思いたったのでやってみている訳です。
この記事へのコメント
こんにちは。いつも楽しく読ませて頂いております。
確かにタイヤは心配ですよね。しかも長期保管ができないので困ったものです。
カミツキガメさんの納車が楽しみです。
機会がありましたら一緒に走ってくださいね
Posted by ランドナおやぢ(A) at 2007年08月31日 22:40
☆ランドナーおやぢさん
タイヤはホント心配のタネです。まだ乗る前なのに(笑)
ランドナーでのツーリングぜひ一緒に楽しみましょう!
Posted by カミツキガメ at 2007年09月03日 22:30
初めまして、aizと申します。
私は650AとBのランドナーを所有していますが、やはり悩みのタネはタイヤです。
Aの方が一般的なタイヤは数多く出回っていますがスポーツ用のものはほとんどなく、長谷川さんの様な専門店でまれにミシュランやユッチンソンのものが入荷する程度です。Bは一般的なものはありませんが、同じく長谷川さんや京都のアイズバイスクルさんでオリジナルのものをナショナルに発注して販売しています。

日本的様式に拘らないのであれば26インチでなく700Cでランドナーを作れてはいかでしょう?本家フランスでも20年以上前からランドナーでも700Cが標準になっています。日本では27インチ系だとスポルティフとも呼びますがロードに泥除けを付けただけではなく、フレームの設計がツーリング向きのものならランドナーの一種といえます。32C程度の太さのタイヤを選べば路面に対してもロードほど気を使わずリラックスして走れますし、今後タイヤ、リムの供給に悩むことも無いと思います。

aiz HP/Blog(ランドナー&港北)
http://www1.tmtv.ne.jp/%7Ea-aiz
http://blog.drecom.jp/cr2c_tsuzuki/
Posted by aiz at 2007年09月20日 13:50
☆aizさん
はじめまして、コメントレス遅くなりまして申し訳ございません。
aizさんのブログ、予ねてより読ませていただいており、参考にさせていただいております。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
タイヤ/700Cランドナーに関するアドバイスありがとうございます。
実は、すでにランドナーについては発注済みで納品待ちなのです。今回は650Aです。
ホイールの仕様に関しては非常に迷ったのですが、かつて乗っていたランドナーへの思いもあり650Aにしました。
当時の乗っていたのは650Bだったと思うのですがさすがにそこまでは選べませんでした。
やはり、タイヤに関しては苦労するのですね。
性質上、在庫しておく事が出来ないのが、ツラいところですが、せめて入手出来る限り、頑張って乗り倒すつもりでランドナーを楽しみたいと思います。

Posted by カミツキガメ at 2007年09月24日 04:50
一時は650Aの方が安定していた様ですが、ランドナー用のタイヤは現在Bの方が入手しやすくなっています。閉店してしまったアルプスさんがナショナルに特注した650X35A(実測30〜32mm程度)がまだ一部の特約店にあります。私が知りうる650Aタイヤでは最も軽量で高性能なのでお薦めです!!
(私の友人がやっているツ−リング車の店にもまだありました。↓)
http://www.geocities.jp/c_s_escargot/parts.html
Posted by aiz at 2007年09月24日 10:25
☆aizさん
こんにちは!
いい情報ありがとうございます!
650Bの方が入手し易いのですか!?
これは、ビックリです。650Bはもう厳しいと思っていました。
アルプスさんのタイヤはとても興味があります。
ちょっと細めなので、マッドガードとのクリアランスが気になりますが、ぜひ試してみたいところです。
エスカルゴさんの情報もありがとうございます。
魅力的なパーツを積極的に扱ってるようですね。
こういうショップの存在が心強いです。

Posted by カミツキガメ at 2007年09月24日 11:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。