2007年09月03日

ランドナーに乗るのに理由はいらない

ランドナーの存在価値を理論的に述べるのは私には無理そうです。
そもそも、私も今はまだランドナーに乗っていません。

振り返ってみると、いちいち趣味や娯楽の時に、それをやりたい理由なんて考えて始めた事もないんです。

楽しそうだ

とか
たまたま何かをやる機会に恵まれた時に

これをやってると気持ちがいい、夢中になれる

とかそんな感じでのめりこんで行くというところでしょうか。

なので、ランドナーの復権には

「ランドナーに乗ると楽しい事がありそうだ」と思ってもらう事


ランドナーに触れる機会を増やす事

が重要かもしれません。

かつて自分は、当時の自転車メーカーのカタログや広告でそういうイメージを膨らませた訳です。

ここはマスプロメーカーさんがもう一度この世界を広げてくれたら嬉しいのですが、なかなか難しい事情があるんでしょう。
でもやはり国産マスプロメーカーには頑張って欲しいです。

自分で買って楽しむだけなら

「ランドナーに乗るのに理由はいらない」

のですが、なんとかランドナー復権を望む当ブログとしては、“普及”のために、あまり優秀ではない頭を使ってみようと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53326927

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。