2007年09月05日

スポルティーフはどうだろう

スポルティーフも好きです。

ただしランドナーと比べてどちらを購入するかと言えば“今は”ランドナーにしたいと思います。

というのは、旅行車として考えた時、まだ「キャンプ」を想定に入れているので、テント・シュラフ等の積載を考えているからです。

また今はロードバイクにも乗っているので、軽快走行という意味ではロードバイクでこなせる部分も多いという考えもあります。

しかしながらスポルティーフにはスポルティーフの魅力を感じているのもまた事実です。

ロードバイクもMTBもランドナーもあった場合、スポルティーフが必要かなどとヤボな事は考えません。

男の趣味(道楽?)には理屈でない奥の深さがあるのです(笑)

スポルティーフは軽快に走る事を考えれば、ランドナーよりロードバイクに近い存在のような気もしますが、競技を前提とした“ロードレーサー”とは全く違うものだと思います。

1日で走れる走行距離もランドナーより長く取れるでしょう。
タイヤを考えれば、ロードバイクでは引き下がっていた未舗装路も多少多く走れると思います。

また、1,2泊のキャンプツーリングでも、積載さえなんとかなれば、28mm位の700Cタイヤのスポルティーフでも可能だとも思います。

舗装道路が多くなった私の通常サイクリングエリア、たまにしか行かないキャンプツーリングならスポルティーフという選択もありと言っていいと思います。

でも、スポルティーフはなるべくならフロントバッグ1つ位の軽装備で軽やかに乗りたいものです。

あまりマニアックな世界に行かなければ、ロード用/クロスバイク用のパーツを共有出来るのでより現代で保持して行くには便利かもしれません。
敢えて“復権”活動をする事もないでしょう(笑)

しかし、実際にスポルティーフを探すとなると、これはなかなか敷居が高そうです。

ランドナーなら丸石エンペラーやアラヤ、ダボスなど普通の自転車屋さんでも購入出来る車種が今のところありますが、スポルティーフに関してはオーダー、セミオーダー系のショップしか殆ど見あたらない気もします。

これは残念な事です。

一般市販車の中でいいベース車を見つけました。

LesMaillotL_420.jpg


Panasonic レ・マイヨ L という自転車です。

スポルティーフ通の方にしてみれば全く違うものと思われると思いますが、個人的にはいい素材のように思えます。

ドロヨケもオプションで付きますし、標準で28Cのタイヤ。完成車両“定価”も¥91、350です。
シンプルなフロントキャリアが装着出来ればなかなか魅力的です。
ただしスマートに取り付けるのは現実的には難しそうです。

スポルティーフと呼べるかではなくて、スポルティーフの受け持つ走広範囲はカバー出きると思います。

多少趣きは違ってもこういう自転車にも頑張ってもらいたいです。

いつか、ロードバイクでガンガン走るのに疲れ、泊まりもキャンプじゃなくて温泉宿などを選べるような素敵な“大人”になれた日には、スポルティーフが欲しくなるかもしれません。

ぜひその日までスポルティーフにも存在していて欲しいものです。
今よりもっと大きな存在で。
この記事へのコメント
こんにちは。
スポルティーフも最近は見ませんね。
私はラレー↓も結構好きです。

http://www.raleigh.jp/catlog07/07CLS_top.htm

こちらも値段はリーズナブルかもしれません。
しかし、どちらも選択肢は少ないですね
Posted by ランドナおやぢ at 2007年09月05日 19:01
☆ランドナおやぢさん
これは、スケルトンを良く見ると、若干スローピングっぽいですね。
スポルティーフはもっとあるかと思いましたが、探したら全く見つからずビックリしました。
Posted by カミツキガメ at 2007年09月05日 23:01
こんにちは。
最近、昔の自転車を運動のために乗り始めました。
まだまだ、現役で乗れるようです。
いろいろ探していましたら、ここに来ました。
参考にさせてもらっています。
Posted by 札幌のとしさん at 2010年09月18日 18:12
>>札幌のとしさん

こんにちは。

かなり主観の偏見で好き勝手書いてますが^^;もし参考になるようなら幸いです。

あまり更新できませんが、よろしくお願いします。

札幌羨ましいですが、私には冬は辛そうです^^;
Posted by ワニガメ at 2010年09月18日 19:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。