2007年09月18日

フロントバッグ選び

ランドナーに乗る時、私にとって重要な要素の1つがフロントバッグです。

どうも私にとって“サイクリング”のイメージはドロップハンドルにフロントバッグというのがあります。

ロードバイクにアタッチメント式のフロントバッグを付けて走った事もあるのですが、上面のマップケース、乗車姿勢から楽に荷物にアクセス出来るメインコンパートメント、そして独特のハンドルの重さ・・・

「あー、これだよなぁ」

と、思ったものです。

残念ながら、ロードバイクへのフロントバッグ装着はどうしても気持ち的に馴染まず、今は殆ど使う事はないのですが、ランドナーには標準装備品と考えています。

という事で、ランドナーの車体に先んじて、フロントバッグはすでに入手してしまいました。

フロントバッグの選定ですが、

・予算
・形状
・サイズ
・材質

といった要素を考えました。

MTBやロードにも取り付け可能な、ハンドルバーにアタッチメントを取り付け、ワンタッチで着脱できるフロントバッグなら多くのモデルがありますが、いかにもランドナーに似合いそうなタイプは数が限られます。
アタッチメント式も便利なのですが、やはり雰囲気がランドナーっぽくありません。
また、アタッチメントをつけるとどうもバッグの位置が高くなるようで、それも好みではありません。

そこで、ランドナーに似合いそうなバッグを捜しました。

Gilles BERTHOUDグーワタナベ犬印なども目を通しましたが、結局予算の問題で“オーストリッチ”を選びました。
モノとしては充分に信頼出来るので、ステータスやら希少性を考えなければ十分満足です。

候補したのは下記の4つ

F104.jpg
F−104



F106.jpg
F−106



F530.jpg
F−530



F702.jpg
F−702




それぞれ、素材がキャンバスかナイロンか、大型か中型かと言った感じです。

使い勝手を考えると、ナイロン製も捨て難いのですが、雰囲気はキャンバス製です。
大きさは、ハンドルとのクリアランスを考え中型が良いと思いました。
ランドナーには大型も似合うと思うのですが、容量的には中型で充分かと判断しました。

結局購入したのは、F−104です。

さて、このバッグを使うのに、多少考えている事があります。

もちろんこのフロントバッグは、このままフロントキャリアに乗せてストラップをハンドルに縛りつければ使えるのですが、そのままだとドロップハンドルの上バーが握りずらそうです。
これをなんとかしたいと考えています。

ランドナー/スポルティーフ系のサイトやブログでは、カスタムメイドの素敵なフロントバッグサポーターなどを見かけます。
その手のものはさすがにキレイな仕上がりで使い勝手も良さそうだし、何より全体的な納まりが素晴らしいです。
しかし、さすがに私にはすぐにそこまで出来そうにないです。

なるべくシンプルで、かつ見かけよく、使い勝手の良い方法を考えてみたいと思います。

しかしながら、今のところまったくアイディアが浮かびません。


posted by 赤いワニガメ at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | パーツ/アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。