2007年10月12日

ギヤ比

ランドナーに関してイロイロ参考にさせていただいているkokoさんのブログで、フロントチェーンリングの歯数に関するエントリーがあり、多くの方がいろんなコメントをされていて興味を持ちました。

ランドナーのギヤ比・・・正直、全く考えていませんでした。

片やロードバイクではそれなりに気にしておりまして、一応、シーンによって前は、52−39と50−34、リヤは13−26メインに12−25を使い分けております。

でも、ランドナーについては、

ケイデンスなど気にするものでもないだろう
あるギヤで走ればいいさ

位に、適当に考えておりました。

もっとも、その考えはあまり変わらないのですが、気になったら一応考えてみます。

私のランドナーには、フロントトリプルで、48−38−28 が付いてくる予定。リヤは8速の13−26です。(たぶんですけど。)

8速という事で、フロントの選択に関しては多少余裕がありそうですが、ギヤ比を計算してみました。

48 38 28
13 3.69 2.92 2.15
14 3.43 2.71 2.00
15 3.20 2.53 1.87
17 2.82 2.24 1.65
19 2.53 2.00 1.47
21 2.29 1.81 1.33
23 2.09 1.65 1.22
26 1.85 1.46 1.08


赤文字はチェーンラインに無理がありそうなところで、実際使わないかもしれないところです。

このギヤ比が適切かは判りませんが、8枚+上下3速づつ、計14速位のレンジはありそうです。 しかし、ロードでは下りで踏む時しか使わない50−13に近い48−13をランドナーで使うとも思えません。

もちろん、タイヤ径も違うので、一概には判りませんけれど、アウターはもう少し小さくても良さそうです。

インナーはどうでしょう。ロードみたいに、ちょっとキツい登りをダンシングでグイグイという乗り方は似合いそうにありません。
それなりに小さいギヤも必要でしょう。
荷物の積載によっても欲しいギヤの選択は変わってくるのでしょう。
これは実際乗ってみないと判りませんね。

ひょっとしたら、フロントダブルでイケるのかもしれません。
見た目やQファクターの事を考えるとフロントダブルに軍配があがります。

このトリプルの表でも、38というセンターのチェーンリングがなくて48−28だけ見て、アウターxロー、インナーxトップを使わなくても、ほぼ連続性のあるギヤ比の確保は可能です。

といっても、私のランドナーには、TAのようにチェーンリングの選択が広いクランクが付いて来る訳ではないので、実際に交換するとなるとそれなりに手数(コスト)が掛かります。

実際、その組み合わせで、フロントの変速がキチンと行えるかは疑問ですが。


やはり、自分にあった適切な歯数の選択は、論理値だけでは判りません。

当分は、購入時の状態で乗りながら、自分にあった歯数を体感していく事が必要そうです。

それにしても8速あるというのは、ランドナーとしては贅沢(?)かもしれませんね。伝統的なランドナーなら120mmのエンドに5速のボス式コグというのが正しいのかもしれませんが、私は実用的に便利そうな8速のメリットをしっかり使わせていただく予定です。


posted by 赤いワニガメ at 23:41| Comment(2) | TrackBack(0) | ランドナー・スポルティーフあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この問題は、生涯自転車に乗っていく上で究極の問題でしょうね!

正直リア5速、フロント3速しかないので、ある意味諦めは付きますがやはり、細かいチェンジで体の負担を減らしていけたらと思います。

それにしても8速は羨ましい・・・・(笑)
Posted by koko at 2007年10月18日 09:12
☆kokoさん
ランドナーの場合、荷物の有り無しや、訪問場所によって条件が違いますから、ギヤ比も臨機応変に考えた方がいいかもしれませんね。
前トリプルにリヤエンド幅130mmで8速・・・
恐らく、ランドナー通の方から見たら、違うんでしょうね(笑)
私は、躊躇なく便利な8速を選びました^^;
実用も大切なのです(笑)
Posted by カミツキガメ at 2007年10月18日 10:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。