2008年03月20日

終日作業 ワシラシア&カツラシア

今日は雨なので、みっちり自転車をイジりました。

MTB2台をキッチリ掃除したあと、ユーラシアイジリです。

家に自転車のパーツが散乱しています。
狭い家なので、さすがにワシラシア、カツラシア、モリラシア、3台のパーツがあると何が何だか判らなくなってきてしまいます。
一応、状態やサイズでどれがどれかは判るのですが(笑)

モリラシアの塗装も終わり、これからは乗れる状態にしていかなければなりません。モリリさんは自分で組むでしょうから、パーツを選別してモリリさんに渡す予定です。

パーツの整理をしなければいけませんが、一番判り易いのは、それぞれのフレームに組み込んで行く事かなと・・・

という事で、頑張りました(笑)

■カツラシア

まずは、フレームの内部を簡単に防錆処理して(これは以前から何回かいやってきました)、塗装側をコンパウンド。
塗装ハゲ部分の酸化を防ぐためにタッチペイント。
オートバックスであかさんと選んだ色と、あかさんが手持ちだった色、自分で手持ちのブルー系3本、計5本の中で一番近そうなもので行いましたが・・・

やはり全然色が違います^^;
katsuさん、ゴメンナサい。

リヤホイールは単にスポークをニップル留めしていたレベルだったので、フレ取ります。
フレ取りしては、スポークにテンションをかけ馴染ませては再度フレ取り。3度ほどやって自分で出来るところまではやったつもり。
でも、どうしてもプロが組んだものとは違うんですよね。
過去の経験でも、自分が組んだものはどうしても反応が悪いし、フレが出やすい。。。
スポークテンションを均一にすれば論理的にはビシッと組みあがるハズなのですが、やはり難しいです。
なので、katsuさん、暫くは、乗車中や乗車後要チェックです。

コグは元々状態が良かったのですが、取れるサビを取って、バラさないで出来る範囲で中を洗浄。給油後には、かなり快調に回っているので問題ないと思います。
というか、コグはかないいい状態だと思います。

そしてリヤガード取り付け。
無加工品なのでちょっと大変・・・
穴空けは後、付けては外しを繰り返し、なんとか満足出来るクリアランスになりました。
しかし、ステーの取り付け角度がちょっと上過ぎだったかもです。。。
ご愛嬌で^^;

クランクも取り付けました。
クランクはボルト系のサビが酷く、2つ外せなかったので、結果としては掃除しただけ・・・
なんとかこのボルトを手に入れたいですね。
クランク/チェーンリングは顔ですから、錆びついたボルトはなんとかしたいです。。。

カンチブレーキも取り付け完了。これはオリジナルのギロチンボルトの錆びが酷かったので、SHIMANOの新しいもので。
新しいパーツは磨きもないのでポン付けw
一応アタリは調整済み。

本日はここまで。

DSCN0747.jpg


■ワシラシア

ワシラシアもどんどんパーツを乗せていきます。
ワシラシアは案外適当w
本当は思い切り凝って組もうかと考えていたのですが、ユーラシアらしく、「普段履き自転車」的に組む事にしたので、ちゃんと整備してある状態でいいでしょう。

まずはフレーム。カツラシア同様に内部を処置して、塗装側コンパウンド、タッチペイント。
カツラシアよりタッチペイントの色は元の色に近いかもですw
でもやはり違いますね(笑)
これはこれでいいのです。

ガードは純正品なのでポン付けですが、ホイールがまだ手元にないので、家にあるホイールで取り急ぎ代用。
アーチとクリアランスを確認しながら取り付け。
ポン付けのはずが何故か苦戦。。。
特に前のガードはキャリアの穴の位置とガードの位置がずれてます。
ガードかキャリアが変形したのでしょう。
クリアランス優先で、キャリアを強制自己矯正してw、かつ間にスペーサーをいれて、なんとか納得出きるレベルに。
スペーサーだと直接ガードにあたる面積が小さくてガードにかかる負担が大きそうなので、湾曲座金など入れてあって、スマートではありませんが、まぁいいです。

ステム、ハンドル、ブレーキレバー、クランクを取り付けて本日はここまで。

DSCN0742.jpg


2台とも結構進んだ気もしますが、あとちょっとという感じはしません。。。
ここが新車、新パーツとは違うところです。

posted by 赤いワニガメ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ワシラシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。